MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

厚労省:添付文書改訂を指示。タケキャブ、血小板減少などを「重大な副作用」に追記

厚生労働省医薬・生活衛生局は10月29日、重大な副作用などが判明した医療用医薬品の添付文書を改訂するよう、日本製薬団体連合会に医薬安全対策課長通知で指示した。 添付文書の改訂指示があった医薬品は次の通り。 ・タケキャブ錠(一般名:ボノプラザンフマル酸塩) ・ボノサップパック(ボノプラザンフマル酸塩・アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン) ・ボノピオンパック(ボノプラザンフマル酸塩・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール) 指示概要:ボノプラザンフマル酸塩の「重大な副作用」の項に、「汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少」を追記。 ・ウロマチックS泌尿器科用灌流液(D-ソルビトール) 指示概要:「禁忌」の項に、「遺伝性果糖不耐症」を追記。 ・ベンリスタ点滴静注用、同皮下注(ベリムマブ(遺伝子組換え)) 指示概要:「重要な基本的注意」の項に、うつ病、自殺念慮、自殺企図が発現する可能性があることを患者及び家族等に説明し、関連する症状があらわれた場合には速やかに担当医に連絡するよう指導する旨を追記する。「重大な副作用」の項に、「うつ病、自殺念慮、自殺企図」を追記する。 ・コンサータ錠(塩酸メチルフェニデート徐放剤) 指示概要:「警告」の項で、本剤の投与は、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の診断、治療に精通し、かつ薬物依存を含む本剤のリスク等について十分に管理できる、管理システムに登録された医師のいる医療機関及び薬剤師のいる薬局において、登録患者に対してのみ行うこと、に改めること。また、本剤の投与にあたり、患者(小児の場合は患者又は代諾者)に対して有効性、安全性、目的以外への使用や他人への譲渡をしないことを文書で説明し、文書で同意を取得すること、を追記する。

続きを読む

アステラス:長期収載品のグラマリールとプリンペランを日医工に承継。20年1月(内資)

アステラス製薬と日医工は10月29日、アステラスが日本で製造販売している脳梗塞後遺症用薬グラマリール(一般名:チアプリド塩酸塩)と消化器機能異常治療薬プリンペラン(メトクロプラミド)について、2020年1月1日付で日医工に製造販売承認を承継し、販売権を移管することで合意したと発表した。20年1月以降は日医工が製造販売元として対象製品を販売し、情報提供・収集活動を行う。

続きを読む

ネスプのバイオセイム、発売2カ月で56億円。協和キリン、7~9月期の金額シェアは46.7%(内資)

協和キリンは29日、子会社を通じて8月に発売した腎性貧血治療薬「ネスプ」(一般名=ダルベポエチン アルファ〈遺伝子組換え〉)のバイオセイムが9月までの約2カ月間で56億円を売り上げたことを明らかにした。

続きを読む

各社、業績発表

【1~9月期】協和キリン、海外の成長が貢献し2桁増収 米ファイザー87%増益、7~9月 通期見通し引き上げ 処方薬好調で

続きを読む

「転職の為に今やっておくこと」(MR経験者)※2019年10月変更

今すぐに転職することは考えていないが、将来的には転職したいと考えているMRの方々が、いざ転職となった際に少しでも有利に進められるよう、何か準備しておけることはあるのでしょうか? 転職先は、高いスキルを持ったMRに魅力を感じますので、あなた自身がそうなっていれば、転職も希望通りに運ぶでしょう。そのため、日頃からMRとしてどうすれば今以上にレベルアップできるかを考えておくということです。これは、転職のことだけを視野にいれた特別な方法ではなく、レベルアップのための考え方を身に付けると言うことでもあります。 【成果=考え方×熱意×スキル】と言われ、掛け算で表されます。熱意・スキルにはマイナスはありませんが、考え方にはマイナスがあり、すべてがマイナスとなります。 このことを意識して行動するかどうかで、レベルアップのスピードは全く変わってくるはずです。 これは転職をするということだけでなく、現職を続けるにあたっても意味のある有益なことですので、積極的に取り組んでみてください。

続きを読む

サイト内検索