MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

資産売却「第2弾は消化器系治療薬」。武田ウェバー社長(内資)

武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は日本経済新聞社の取材に応じ、アイルランドの製薬大手シャイアーの買収で膨らんだ製品群について「非中核事業の資産売却を今後も進めていく」と語った。第1弾としてスイスのノバルティスに眼科薬を売却するが、次の候補について「シャイアーの消化器疾患治療薬を売却する」とし、売却先を探していることを明らかにした。

続きを読む

武田薬品・長谷川相談役:AIやビッグデータ時代「いまがグローバルトップに躍り出るタイミング」(内資)

武田薬品の長谷川閑史相談役は5月15日に開かれた湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク、神奈川県藤沢市)1周年記念フォーラムで講演し、第4次産業革命が引き起こす人工知能(AI)やビッグデータを利活用する今後の製薬ビジネスについて、「未病を含めたすべてのヘルスケア産業が相互に連携する時代になった」と強調した。また、最新テクノロジーが様々な産業に破壊的イノベーションを引き起こす中で、「こういう変革は脅威だが、チャンスでもある」と指摘。「いまこそ日本の製薬企業がグローバルのトップに躍り出る気概を持つタイミングになった」と熱く語った。

続きを読む

新薬11製品を収載へ:AD/HD治療薬ビバンセカプセルなど

厚生労働省の中医協総会が5月15 日に開かれ、新薬11製品(11成分17品目)を薬価収載することを了承した。 収載される製品は以下のとおり(カッコ内は成分名) ・ビバンセカプセル20mg、 同30mg(リスデキサンフェタミンメシル酸塩) 効能・効果: 小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD) 薬価:20mg1カプセル 674.80円 、30mg1カプセル 747.70円(1日薬価 747.70円 ・ロスーゼット配合錠LD、同HD(エゼチミブ/ロスバスタチンカルシウム) 効能・効果:高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症 薬価:ロスーゼット配合錠LD1錠 177.00円(1日薬価 177.00円)、同HD1錠 177.00円 ・スマイラフ錠50mg、 同100mg(ペフィシチニブ臭化水素酸塩) 効能・効果:既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む) 薬価:50mg1錠 1,741.00円(1日薬価:5,223.00円)、100mg1錠3,379.90円 ・アーリーダ錠60mg(アパルタミド) 効能・効果:遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌 薬価:60mg1錠  2,281.90円 (1日薬価 9,127.60円) ・アセレンド注100μg(亜セレン酸ナトリウム) 効能・効果:低セレン血症 薬価:100μg2ml1瓶 1,618円 ・レブコビ筋注2.4mg(エラペグアデマーゼ(遺伝子組換え)) 効能・効果:アデノシンデアミナーゼ欠損症 薬価:2.4mg1.5ml1瓶 846,349円 ・スキリージ皮下注75mgシリンジ0.83ml(リサンキズマブ(遺伝子組換え)) 効能・効果:既存治療で効果不十分な下記の疾患(尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症) 薬価:75mg0.83ml1筒 239,374円 (1日薬価 5,699円) ・リサイオ点滴静注液100mg(チオテパ) 効能・効果:小児悪性固形腫瘍における自家造血幹細胞移植の前治療 薬価:100mg2.5ml1瓶 189,816円 ・ラビピュール筋注用(1瓶(溶解液付))(燥組織培養不活化狂犬病ワクチン) 効能・効 果:狂犬病の予防及び発病阻止 ※保険適用となるのは発病阻止のみ 薬価:1瓶(溶解液付)11,867円(1治療薬価:71,202円) ・ピリヴィジェン10%点滴静注5g/50ml、同10g/100ml、 同20g/200ml(pH4処理酸性人免疫グロブリン) 効能・効果 :慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の筋力低下の改善、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合) 薬価:5g50ml1瓶39,718円、10g100ml1瓶 78,580円、20g200ml1瓶155,468円(1日薬価 155,468円) ・テリルジー100エリプタ14吸入用、同30吸入用(フルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム臭化物 /ビランテロールトリフェニル酢酸塩) 効能・効果:慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤、 長時間作用性吸入抗コリン剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合) 薬価:14吸入1キット 4,107.40円、30吸入1キット8,692.80円(1日薬価 :289.80円)

続きを読む

東邦HD・馬田取締役:地域営業を戦略展開、MS改革進める。主にプライマリー領域で

東邦ホールディングスの馬田明取締役営業担当は5月15日、2019年3月期(18年度)決算説明会で、地域営業を戦略的に展開していく方針を明らかにした。急配・頻回配送の削減が進められる見通しとなったことで、MSを本来業務である地域営業強化に振り向ける。馬田氏は、MR削減が進んでいることを背景に「特にプライマリー領域でメーカーは得意先への訪問、情報活動に課題を抱えている」と指摘し、その需要を取りこみたい考え。地域包括ケアシステムや地域フォーミュラリの動きへの対応も念頭にある。5月には「地域戦略室」を新設し、地域の情報を収集しながら、各地域に合った戦略を持った展開を目指す。

続きを読む

東和薬品・吉田社長:18年度に売上1000億円突破。スズケン、東邦との協業で“新規開拓”成功(内資)

東和薬品の吉田逸郎社長は5月15日、東京都内で開いた2019年3月期(18年度)の決算説明会で、18年度に売上1000億円を突破したことについて、特に医薬品卸との協業が奏功したとの認識を示した。17年度からスズケン、東邦薬品との協業を開始。東和単体の売上に占めるこれら卸ルートでの売上シェアは、17年度の12.5%が18年度に22.4%まで上昇した。従来の直販体制ではカバーできなかった顧客を、卸が「新規開拓してくれた」(吉田社長)ことが好業績につながった。また、吉田社長は“健康”をキーワードにした新規事業を創出することにも意欲を示した。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

【薬事】薬事統括部CMC企画部…


<改正薬事法の対応業務>・既承認申請品目の記載事項整備・海…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、