MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

経験・企業によって求められる姿が変化するMR※2019年10月変更

転職を考えているあなたの年齢や、MRの経験年数によって、転職先があなたに求めるものは変化していきます。 どのようなものが今のあなたに求められているのかを、自身で把握しておくことは、転職を有利に運ぶだけでなく、今後のMRとして活動をしていく際にも有用なことです。 また、転職者の年齢や経験だけではなく、転職先の状況によっても望むMR像が変わってくることがあります。 これらを把握しておくことで、あなたの転職活動を有利に運ぶことができるでしょう。

続きを読む

「MRになるために自分の商品価値を見定めておこう」※2019年10月変更

MR未経験者のうちでも今後MRを目指すには今出来る事が多くあります。 MRというと医薬品に関する有効性や安全性など、生命に関わる情報を提供する専門性が必要と思い、そのような勉強をした方が有利なのではないかという方が多くいらっしゃいますが、本コンテンツでは「MRとして」ではなく「MRになるため」に必要なものは何かをまとめてみました。

続きを読む

「MRとしての商品価値を見定めておこう」(MR経験者)※2019年10月変更

転職をするのはより高い専門知識や能力を身に付けるだけでなく、今以上の高い職位を得て、それに見合った収入を得るためです。つまりキャリアアップが目的になるわけです。 そのためには、現在の自分自身の能力はどの程度のものであるか、また、その能力は転職先にとってどのようなメリットがあり、魅力的な人材と映るかどうかが大事だと言えます。 自身の能力を把握できていないままでは、転職先にアピールすることもできませんし、転職が成功する確率も低くなってしまいます。 MRとして自身の価値をしっかりと見定めることができれば、その価値を求めている転職先に対する最大限のアピールになり、転職も成功につながっていくでしょう。 では、MRとしての商品価値とはどんなことで、転職先は何を基準に判断しているのでしょう。

続きを読む

諮問会議:製薬産業の構造改革は社会変革の延長線上に。「時間軸を見据え、スピード感をもって」

政府の経済財政諮問会議の民間議員は10月28日、全世代型社会保障に見合う製薬産業のあり方として「長期収載品に依存するモデルから、より高い創薬力を持つ産業構造への転換を大胆に推進すべき」と提言した。社会保障の持続可能性を高める観点からも、経済成長を後押しする「良循環」を目指す必要性を強調。人生100年時代を迎えるなかで、働き盛りの40~50歳代の生活習慣病等への予防に対する重点的な取り組みなどを通じ、支え手を増やす必要性を強調した。社会構造の変革に合致した医薬品産業への構造転換を求めた。

続きを読む

Welby:日本高血圧学会と共同で「PHRデータベース構想」を推進。高血圧予防で共同研究も

Welbyは10月25日、日本高血圧学会と共同で「PHRデータベース構想」を推進すると発表した。同社が提供するPHRプラットフォームを活用し、PHRを利用する患者から個人情報の同意を取得した上でデータを収集する。日本高血圧学会は集積されたデータの利用に加え、このプラットフォームを利活用した高血圧予防に関する共同研究なども行う方針。研究成果については2022年に京都で開催される国際高血圧学会(ISH2022)で発表したい考え。

続きを読む

サイト内検索