MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

厚労相に加藤勝信氏が再登板。内閣改造。

菅義偉内閣官房長官は11日、内閣改造に伴う閣僚名簿を公表した。厚生労働相には加藤勝信自民党総務会長が再登板した。また沖縄北方・1億総活躍・少子化対策・消費者行政担当相には、7月の参院選で医薬品業界が応援し当選した衛藤晟一首相補佐官が就いた。19人の閣僚のうち、留任は麻生太郎財務相と菅官房長官のみで、17人が交代。13人が初入閣となった。

続きを読む

地域医療で製薬企業に期待すること:若手医師は“地域情報”、50代以上は“教育・連携機会”

ヘルスケア領域の市場調査などを手掛けるインテージヘルスケアがこのほど、医師1万6000人が選ぶ「地域医療に貢献している製薬企業ランキング」をまとめ、武田薬品がトップとなった。トップ3は前年調査と同様、武田薬品が1位だったほか、2位が第一三共、3位が大塚製薬となった。地域医療について製薬企業に期待することは、医師の年代によって期待することが異なることも判明。若手医師は地域における他施設の動向や患者の情報を、50代以上の医師は医療者向け勉強会や医師会などとタイアップした研究会など“教育・連携の機会”を求める傾向がみられた。

続きを読む

前立腺がん薬ザイティガと排尿障害薬ザルティア:販売名類似による処方間違いで注意喚起(外資、内資)

ヤンセンファーマ、アストラゼネカ(AZ)、日本イーライリリー、日本新薬の4社は、前立腺がん治療薬ザイティガ錠(一般名:アビラテロン酢酸エステル)と前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬ザルティア錠(タダラフィル)について、販売名類似による処方間違いや薬剤取り違え事例が報告されているとして、医療機関に対し注意喚起している。この情報は9月10日に医薬品医療機器総合機構(PMDA)から配信された。

続きを読む

わかもと:緑内障・高眼圧症治療薬「WP-1303」の開発中止。長期投与時の安全性に懸念(内資)

わかもと製薬は9月9日、緑内障・高眼圧症治療薬として開発していた「WP-1303」(開発コード)の開発を中止すると発表した。フェーズ3試験のデータを詳細に検討した結果、眼圧下降作用は良好だったものの、「長期投与時の安全性が懸念された」という。2019年度業績への影響などは現在精査中としている。

続きを読む

MSD:抗PD-1抗体・キイトルーダ、切除不能進行・再発食道がんで適応追加申請(外資)

MSDは9月10日、抗PD-1抗体・キイトルーダ(一般名:ぺムブロリズマブ(遺伝子組み換え))について、「切除不能進行・再発食道がん」に対する効能効果に対する、製造販売承認の一部変更申請を行ったと発表した。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。