MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

クインタイルズ:医療機器、再生医療の専門部門を設置

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンは、都内で記者会見した。CRO事業に関して志賀宣之チーフメディカルオフィサーは、年内に医療機器/再生医療専門の臨床開発部門を新設することを明らかにした。

続きを読む

「巨額」なら再算定、業界の論陣は?「費用対効果」とのダブルパンチも

7月の中医協・薬価専門部会で、次期薬価制度改革に向けた薬価算定組織の意見陳述が行われた。先駆導入加算の要件を見直して加算率を引き上げるというイノベーション評価の仕組みもあったが、総じて厳しい内容だった。特に目を引いたのは、市場拡大再算定の新ルールだ。年間販売額が“巨額”な品目は、薬価算定方式を問わず「適切に設定した基準以上」に市場規模が拡大したら再算定の対象とする仕組みで、「絶対額」を新たな指標に加えるイメージだ。

続きを読む

バイオジェン:大型新薬で2020年以降も成長、アデュカヌマブやMS回復薬に期待(外資)

バイオジェン・ジャパンのスティーブ・スギノ社長ら経営陣は、本社で会見し、2014~16年の間に売上高を4倍に増やした後、20年以降に大型新薬を日本で上市し、さらに成長を図っていくと意気込みを見せた。アルツハイマー病の認知機能改善を期待するアミロイドβ(Aβ)除去抗体アデュカヌマブや、多発性骨髄腫で進行抑制や症状緩和のみならず「回復」まで期待する新薬、現在は治療法がない脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬など、医療ニーズが高い新薬を日本市場に投入する。日本企業との提携も模索しており、開発後期から早期段階まで、複数の品目でライセンス交渉をしているという。

続きを読む

2014年度卸連会員企業経営概況:売上高は2.28%減、GE拡大などが影響

日本医薬品卸業連合会が会員企業の2014年度決算をまとめた「医薬品卸業経営概況」によると、回答59社の合計売上高の伸び率は2.28%減だった。売上高伸び率のマイナスは、消費税率の引き上げがあった1997年度以来のことで、調査開始以来2度目。2014年度は薬価改定年であるが、卸連はマイナスの主な要因として、2014年4月の消費税率8%引き上げ前の駆け込み需要の反動や、事業の中でも主力である長期収載品が縮小し、急速にジェネリックの使用が拡大するなどした「カテゴリーチェンジ」を挙げている。

続きを読む

サイト内検索