MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

第100回薬剤師国試、必須問題で“足切り”続出‐、合格率、新卒70%割れの可能性も

2月28日と3月1日に実施された第100回薬剤師国家試験は、過去19年で最も低い合格率となった前回と同様、厳しい結果となりそうだ。薬剤師国試予備校大手「医学アカデミー薬学ゼミナール」が全受験者を対象に実施した自己採点結果では、平均正答率が66.8%と前回の66.3%を上回ったものの、基礎的な知識を問う必須問題の「物理・化学・生物」で合格基準を満たせずに、足切りとなる可能性がある受験者が非常に多かったことが判明。総点で合格点に達していても、廃問や解なしなどの調整がなければ、多数の不合格者が出る見込み。新卒受験者の合格率は第99回の70.49%を下回り、70%に達しない可能性も出てきた。既卒者の合格率はこの数字を大きく下回るため、受験者全体を含めると合格率50%台という厳しい結果も予想される。

続きを読む

プラビックス、トップ10転落時期に注目

6月の後発品収載の最大の目玉となっている「クロピドグレル塩酸塩」について、どの程度のスピードで後発品に切り替わっていくのか製薬業界の関心事となっている。

続きを読む

ファイザー5%減収、売上高5020億円、長期品の穴埋まらず(外資)

ファイザーは、記者会見を開き、日本法人の2014年度(2013年12月~14年11月)通期業績が前年度比5%減となる5020億円だったと発表した。同社の減収は、2012年度以来2年ぶり。主力製品が堅調に推移する中で、同社の業績を根幹から支えてきた脂質異常症治療薬・リピトール、Ca拮抗薬・ノルバスクなどの長期収載品の減収が響いた。

続きを読む

三和化学、営業本部長の秦氏が社長に(内資)

三和化学研究所は、取締役会で、取締役専務執行役員で営業本部長の秦克美氏を4月1日付で代表取締役社長にする人事を決定したと発表した。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。