MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

クインタイルズ:MR教育・訓練でISO29990取得

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンはこのほど、CSO事業を行うコマーシャル・ソリューションズ事業本部の研修サービスマネジメントシステムに対してISO29990(学習サービスマネジメントシステム)の認証を受けたと発表した。

続きを読む

「後発品促進」「創薬強化」の両立で認識一致  自民勉強会、「後発品薬価が高い」の声も

自民党の厚生労働関係議員と内資系製薬企業関係者で構成する「製薬産業政策に関する勉強会」(会長=衛藤晟一参院議員)は4日、後発医薬品シェアの新たな目標設定や、それにより生じる研究開発型企業への影響をテーマに会合を開いた。意見交換では、後発品の促進と創薬力の強化を両立させる必要性でコンセンサスを得た。後発品の薬価については複数の議員が「諸外国に比べて高い」という問題意識を示したようだ。

続きを読む

日本薬剤師会 14年度分業率68.7%、調剤金額の伸びは鈍化

日本薬剤師会は、14年度保険調剤の動向を発表した。処方箋受取率(=分業率、院外処方箋枚数/推計外来投薬数)は前年度から1.7%増の68.7%となった。

続きを読む

AMEDの成果、国際開放を。リリーの藤本・吉川氏が要望(外資)

日本イーライリリーの藤本利夫・執行役員研究開発本部長と吉川彰一執行役員研究開発/医薬開発本部長は4日、日刊薬業の取材に応じ、4月に発足した日本医療研究開発機構(AMED)に対する見解を述べた。藤本氏は、国内の創薬シーズ情報がAMEDによって整理され、早期段階の開発が進むことを高く評価する一方、製薬企業側にどのような負担が生じるのか、どうすれば開発候補品を承継できるのかといった仕組みが見えにくいと指摘。また開発候補品の受け手に外資も入れるような明確な枠組みづくりを求めた。

続きを読む

後発品シェア20%未満の病院が激減

昨年1年間で後発医薬品の処方数量シェア20%未満の病院が大きく減少したことがメディカル・データ・ビジョンの調査で分かった。処方割合が20%未満の病院は2013年12月には42%あったが、14年12月には8%まで減少した。一方、40%未満の病院は42%から50%に、60%未満の病院は11%から29%に伸びた。60%以上の病院も4%から12%に増えた

続きを読む

サイト内検索