MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

厚生労働省、武田薬品に行政処分

厚生労働省は、武田薬品工業に対して医薬品医療機器法に基づく業務改善命令を行った。厚労省は、同社のARB「ブロプレス」をめぐる臨床試験「CASE-J」の結果を用いた広告が誇大広告に該当すると認め、同社に対して、広告の審査体制を整備することなどを求めた。

続きを読む

厚生労働省・城課長:後発医薬品数量シェア80%達成は「推進策だけではできない」、医薬品産業全体の底上げが不可欠

厚生労働省医政局経済課の城克文課長は、後発医薬品数量シェア80%達成に向けて、後発医薬品使用推進策に加え、イノベーションの推進、臨床上の有用性の評価が定まっている基礎的医薬品(エッセンシャルドラッグ)の安定供給などの総合戦略により、医薬品産業全体の底上げをすることが不可欠との考えを改めて示した。政府が6月末にもまとめる骨太の方針に向けて、議論を進める。城課長は、数量シェアの急激な引き上げによる医薬品卸や先発メーカーへの影響に懸念を示した上で、「薬価の方向性も含めた医薬品産業全体の底上げをするための施策を考えなければ、もはや80%まで引き上げるのは難しい」と述べた。日本ジェネリック医薬品学会第9回学術大会で講演した。

続きを読む

新薬加算、「新薬へ投資でエビデンス示す」、日本製薬団体連合会・保険薬価研究委員会・加茂谷委員長、Z2の是正も念頭

日本製薬団体連合会・保険薬価研究委員会の加茂谷佳明委員長は記者会見で、次期薬価制度改革で新薬創出・適応外薬解消等促進加算を現行ルールのまま制度化させるため、同加算で得た原資が、画期的新薬の研究開発投資に充てられているエビデンスを示す姿勢を示した。前回改定で導入された「Z2」については「後発医薬品に置き換わらない物があり、置き換わらない現実的・明確な理由があれば見直しを主張する必要がある」と制度の是正要望を視野に入れた。

続きを読む

日本製薬医学会:MSL認定制度でアストラゼネカを認証

社内のMSL認定制度が日本製薬医学会による認証を受けたとアストラゼネカは発表した。日本製薬医学会は、ニーズ高まるMSL活動について、定義は各企業において様々で、MSL活動の質を担保する第三者機関はなかったとして、2014年10月に各社のMSL認定制度に対する外部認証事業を開始すると発表していた。アストラゼネカが認証第一号となった。

続きを読む

サイト内検索