MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

2015年3月期決算発表

各社の2015年3月期の決算が発表された。 第一三共:ランバクシー合併で大幅増益、国内事業は苦戦 エーザイ:国内不振と「アシフェックス」特許切れで減収 沢井製薬:売上高が1000億円突破 東和薬品:追い風受け、大幅増収増益 バイタルKSK:市場縮小で大幅減益、長期品は2割減 クオール:2ケタ増収、調剤事業1000億円超え

続きを読む

28日に第二部会、ギリアドの“本命”、「ハーボニー」を審議

厚生労働省は28日に薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開き、ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の製造販売承認の可否を審議する。

続きを読む

品切れ企業「収載受け付けない」

厚生労働省の二川一男医政局長は参院厚労委員会で、品切れを起こした後発品企業に対して厳しい措置を講じる考えを示した。

続きを読む

後発品企業、中期経営計画を発表

沢井製薬は、2015~2017年度までの3ヵ年の中期経営計画を発表した。2017年度の数値目標を売上高1470億円、営業利益250億円に設定。 東和薬品は、2018年3月期を最終年度とする3ヵ年中期経営計画を発表した。2018年3月期の数値目標は、売上高1050億円と1000億円の大台を突破すると予想。

続きを読む

サイト内検索