MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

各社、業績発表

各社の業績が発表されました。 塩野義・第1四半期 1.8%増収、米国やHIV事業がけん引 キッセイ薬品・第1四半期 研究開発費が嵩み、増収減益 あすか製薬・第1四半期 カンデサルタンAGが好調で増収 スズケン・第1四半期 卸事業は2ケタ増収、営業損失を圧縮 東邦HD・第1四半期 営業減益、前期の駆け込み妥結が影響

続きを読む

アステラス製薬:ビッグデータ活用の専門機能を新設、米州本社内に(内資)

アステラス製薬は7月31日、医療関係ビッグデータの有効活用を推進するため、米国イリノイ州にある米州本社に「リアルワールドインフォマティクス機能」を7月1日付で新設したと発表した。これまで各地域、各機能・部門で行っていたビッグデータ分析やその活用をひとつの専門機能に集約することで、効率的に、部門を横断した効果的な戦略の立案につなげる。同機能の機能長にはNathan R.Crisel氏(前米州本社経営戦略企画ディレクター)が就いた。同機能は今後、日本など各国・地域にも立ち上げる。

続きを読む

シミックHD 分析化学サービス子会社2社を合併

シミックホールディングスは31日の取締役会で、子会社の応用医学研究所(北海道札幌市)とJCLバイオアッセイ(大阪府大阪市)の合併を決議したと発表した。10月1日付。

続きを読む

日薬と保険薬局協会の両会長がバトル 薬局のあり方に温度差

日本保険薬局協会(中村勝会長=クオール社長)は7月31日から8月2日の3日間、「第1回全国ファーマシーフェア」をパシフィコ横浜で開催した。

続きを読む

電通:アポプラスから「シナジーMC社」を買収、メディカル領域は電通サドラーと2系列に強化

電通は、アポプラスステーションの子会社でメディカル領域の専門エージェンシーである「シナジーメディカルコミュニケーションズ」(シナジーMC社)の株式を100%取得したと発表した。電通グループはこれまで「電通サドラー・アンド・ヘネシー」を通じてメディカル領域の専門サービスを提供してきた。同社としては、シナジーMC社の買収により専門サービスを提供する2系列が整備され、より組織的な対応力を高めることができるとしている。

続きを読む

サイト内検索