MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

シミックホールディングス、中村氏は副社長に専念、5人が専務執行役員に

シミックホールディングスは、人事異動を発表した。代表取締役副社長執行役員で、CROカンパニー長兼シミック代表取締役会長執行役員を務めている中村宣雄氏がホールディングスの副社長に専念する。

続きを読む

4月の組織改編、メディカルアフェアーズ部の設置相次ぐ。臨床研究支援と営業部門を分離

一連の臨床研究の不正問題を受け、製薬企業の4月1日付の組織改編で、学術情報を担当する部署を営業部門から切り離して「メディカルアフェアーズ部」を設置する動きが広がっている。アカデミアの臨床研究データを収集し既収載品のエビデンス構築を図る活動と販売促進活動を明確に分離することで、データの信頼性を担保するのが狙いだ。

続きを読む

SGLT2阻害薬スーグラ、第一選択に慎重、処方医の4割近く

新規機序の経口血糖降下薬であるSGLT2阻害薬で先鞭を切ったスーグラ錠の処方経験がある医師を対象に、「診察している2型糖尿病患者の多くに第一選択薬として処方するかどうか」と聞いたところ、処方医の4割近くが「第一選択薬としては処方しないと思う」と回答した。糖尿病科や代謝・内分泌科を標榜する医師(以下、専門医)では5割近くに達した。スーグラに限らずSGLT2阻害薬では、脱水や脳梗塞リスク、皮膚障害などに留意する必要があり、非推奨患者として▽痩せている患者▽高齢患者―などと販売・販促会社や関係学会が位置付けていることが、今回の結果の背景にあるとみられる。

続きを読む

中外製薬、抗甲状腺剤2製品、あすか製薬に販売移管(外資)

中外製薬とあすか製薬は、中外製薬が製造販売している抗甲状腺薬メルカゾール錠5mg、同注10mgと同プロパジール錠50mgをあすか製薬に事業譲渡する契約を同日に締結したと発表した。契約に基づき、製造販売承認の権利を10月1日付であすか製薬に承継する。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。