MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

19年の国内医療用薬市場2.8%増:キイトルーダ急伸、増税改定、薬価上げ製品に仮需。IQVIA

IQVIAは2月18日、2019年(19年1~12月)の国内医療用医薬品市場が薬価ベースで10兆6256億円、前年比2.8%増だったと発表した。16年以来、3年ぶりのプラス成長となる。

続きを読む

MR認定センター・近澤事務局長:遠くない時代にCBT試験実施も。期間内受験を想定

MR認定センターの近澤洋平事務局長は2月18日、東京都内で開催した第22回センターミーティングで「事業構造改革と新しいMR認定制度の考え方」を説明した。MR認定試験の受験資格を製薬企業に所属しない一般人に拡大することについて、「公益財団法人と言う権威と信頼を確保するため」と説明した。その上で「1番リーズナブルで、レベルが下がらない受験の公開とはどうあるべきかを考えてきた」と強調した。また、MR認定試験の将来の姿として、「紙だけで試験をやる時代でもない。そう遠くない時代に、CBT(Computer Based Testing=コンピュータ受験方式)でMR認定試験を実施することもありえる」と指摘。加えて、「MR認定試験は、「何月何日から何月何日の間に受ける」と言うことになるかもしれないと見通した。

続きを読む

MRの評価に「売り上げ」復活、GSKが軌道修正。講演料支払いも再開、「揺り戻し」との見方も(外資)

グラクソ・スミスクライン(GSK)が今年からMRの評価制度を見直し、年間報酬のうち賞与の査定の一部に、個人単位や営業所単位の販売実績を反映させることが分かった。GSKは2015年にMRの評価項目から販売目標を除外したが、グローバルの方針を受けて日本法人でも販売実績を反映させる形に軌道修正する。16年に廃止した医師らへの講演料などの支払いも再開している。製薬業界のプロモーション改革で先頭を走るGSKの軌道修正に対し、関係者の間では「揺り戻しではないか」との見方も出ている。

続きを読む

逃げる武田の次の一手は。国内製薬、中外と首位争い

武田薬品工業と中外製薬が国内製薬の時価総額トップを巡って競っている。武田がシャイアーを買収した直後の昨年1月には3.5兆円程度あった時価総額の差が、今月に入り数百億円にまで縮小し、中外薬が逆転を伺う位置に迫ってきた。逃げる武田はシャイアーとの統合によるコスト削減効果を市場にアピールしてきた。

続きを読む

各社、業績発表

米メルク・19年度業績、売上高11%増の468億ドル  「キイトルーダ」が牽引

続きを読む

サイト内検索