MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

規制改革会議:敷地内薬局認可などを答申、14日処方制限緩和も

政府の規制改革会議は、保険薬局と保険医療機関の一体的な構造規制の緩和など、医薬分業に関する規制緩和などを盛り込んだ答申を安倍晋三首相に提出した。医薬品に関する規制の見直しでは、新医薬品の処方制限の緩和や市販品と類似した医療用医薬品(市販品類似薬)の保険給付のあり方の見直しなども盛り込まれた。

続きを読む

政府専門調査会:必要病床数、2025年までに最大20万床削減

政府の「医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会」は、医療機能別病床数の推計に関する第一次報告を公表した。それによると2025年段階で必要な病床数は115万~119万床程度で最大で20万床程度削減する必要があるとした。一方で地域包括ケアが目指す在宅医療を想定した患者数は、介護施設や高齢者住宅を含めて2025年段階で29.7万~33.7万人程度になると推計した。

続きを読む

国内後発品市場、2014年度は18.7%増の8679億円へ

市場調査会社の総合企画センター大阪(大阪市西区)が実施した後発医薬品市場に関する調査で、国内後発品市場が2桁台の高い成長率で拡大していることが分かった。2013年度の市場規模(決算ベース)は、前年度比11.5%増の約7309億円、2014年度(見込み値)は18.7%増の約8679億円まで拡大。医療用医薬品全体の売り上げに占めるシェアも2013年度で0.7ポイント増の8.1%、2014年度(同)は1.5ポイント増の9.6%まで高まっている。

続きを読む

日本製薬工業協会:臨床研究支援の留意点で中間報告、研究提案なら企業主導

日本製薬工業協会のコード・コンプライアンス推進委員会の川尻邦夫実務委員長は、都内で開催した医薬品企業法務研究会の月例会で、「臨床研究支援のあり方における留意点」(中間報告)を発表した。

続きを読む

2015年MR数調査:ファイザー、第一三共、ノバルティス、中外が100人以上減員、MR体制は経営課題に

ミクス編集部は、製薬会社を対象(回答72社)に2015年MR数アンケート調査を行った。新薬メーカーの内資と外資それぞれMR数上位10社を見ると、ファイザー、第一三共、ノバルティスファーマ、中外製薬の各社で100人以上の減員が見られ、前回14年調査と同様に今年も3桁減員企業が目立つ結果となった。「増減0」の回答も目立つように、MR数は頭打ち感が強い。

続きを読む

サイト内検索