MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

日本ケミファ、透明化めざし、メディカルアフェアーズ部を新設(内資)

日本ケミファは、組織変更を発表した。4月1日付。臨床研究業務などの独立性や透明性を明確にするため、メディカルアフェアーズ部を新設。

続きを読む

調整幅の「過去の消費税分」も論点、日本医師会が検討委で提示、「見える化」でどう扱うか議論再燃へ

日本医師会が設置した「医療機関等の消費税問題に関する検討会」で診療報酬本体以外に、薬価に関しても論点が例示されている。「調整幅分に含まれる過去の消費税分をどうするか」というもの。

続きを読む

免疫療法で「業界を牽引する存在に」、アストラゼネカ、多くのパイプラインが強み(外資)

アストラゼネカは免疫療法の領域でまだ承認の取得には至っていないが、多くのパイプラインを持っている。吉田氏は「免疫療法でアストラゼネカがリーディングカンパニーと言われるようになりたい」と述べ、将来的に製薬業界を引っ張る存在になると宣言した。

続きを読む

日本新薬、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療剤の医師主導治験が終了(内資)

日本新薬は、国立精神・神経医療研究センターと開発を進めているデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬の早期探索的臨床試験について、予定した投与が全て終了したと発表した。2018年度の国内上市に向けて、次の治験の準備を進めるとしている。

続きを読む

医療用医薬品、6社7製品の新効能承認

販売中の医療用医薬品に新たな効能を追加する承認を取得したと、販売する製薬6社はそれぞれ発表した。 ・ダクルインザ錠60mg ・スンベプラカプセル100mg :これまでの効能・効果では、「インターフェロンを含む治療法に不適格の未治療あるいは不耐容の患者」「インターフェロンを含む治療法で無効となった患者」に対して用いることになっているが、この制限を外す。 ・ペントシリン注射用1g、同注射用2g、同静注用1gバッグ、同静注用2gバッグ :1日最大16gまで使えるようになった。 ・ジェイゾロフト錠25mg、同50mg、同100mg、同OD錠25mg、同OD錠50mg、同OD錠100mg:「外傷後ストレス障害」の効能・効果を追加した。 ・ドプラム注射液400mg:「早産・低出生体重児における原発性無呼吸(未熟児無呼吸発作)ただし、キサンチン製剤による治療で十分な効果が得られない場合に限る」の効能・効果を追加した。 ・ロンサーフ配合錠T15、同T20:効能・効果を「切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」と改めた。 ・エルプラット点滴静注液50mg、同100mg、同200mg:「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」の効能・効果を追加した。

続きを読む

サイト内検索