MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

製薬会社の社名の変遷-外資編-

製薬業界はM&Aが活発で社名もころころ変更されます。 そこで社名の変遷をまとめてみました。

続きを読む

【厚生労働省】1月の調剤費は3.5%増‐後発品シェア58.4%に

厚生労働省は「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」を発表した。今年1月の調剤医療費は前年同期比3.5%増の5974億円、処方箋1枚当たり調剤医療費は0.7%減の8962円だった。後発品の数量シェアは新指標で58.4%に増加した。

続きを読む

メディカル部門、25社に設置。専門情報や臨床研究への対応が目的

ミクス編集部が製薬企業を対象に行った「2015年MR数アンケート調査」(72社から回答)によると、メディカル部門を設置した企業は25社に及ぶことが分かった。このうち今後もスタッフを増員するとした企業も半数にのぼった。増員の理由としては、「専門的な情報提供の必要性が高まっているため」がトップだった。

続きを読む

医薬品第二部会、持ち越しの「オラネジン」と「ゾシン」、17日審議へ

厚生労働省は、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開き、大塚製薬工場の「オラネジン」の製造販売と、大鵬薬品工業の「ゾシン」の効能を追加する一部変更申請(一変申請)の承認の可否を審議する。両剤は5月28日の第二部会の審議事項だったが、同日の部会で欠席者が出たことに加え、利益相反規定により審議に参加できない委員が出たことで定足数を割り、審議ができず持ち越されていた。

続きを読む

先駆け申請「18年度までに15品目」、自民、成長戦略への反映検討

2018年度までに15品目が世界に先駆けて日本で申請されるよう、自民党が「先駆け審査指定制度」の環境整備を政府へ提言することを検討していることが分かった。政府が6月末にも改訂して閣議決定する成長戦略への反映を狙っている。15品目は医薬品だけでなく、医療機器と再生医療等製品の合計とし、世界同時申請も含める。日本医療研究開発機構(AMED)による研究開発推進にも言及し、がんや精神・神経疾患など、領域ごとの取り組みの加速化を提言する方針だ。

続きを読む

サイト内検索