MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

「セニラン」と「セルシン」取り違えで注意喚起。サンドと武田テバ薬品(外資)

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の「セニラン錠」(サンド)と「セルシン錠」(武田テバ薬品)について、販売名が類似していることによる取り違えの報告が続いていることから、両社が連名で医療関係者に注意喚起を行っている。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が18日、注意喚起文書をホームページ上に掲載した。

続きを読む

GSK:COPDの増悪予防で「ePRO」プラットフォームを活用した臨床研究開始(外資)

グラクソ・スミスクラインは9月17日、COPDの増悪予防のためのePRO(患者アウトカム報告=Patient Reported Outcome)プラットフォームに関する臨床研究を開始したと発表した。ePROとは、患者が自発的に症状をアプリに入力し、医師はその記録を電子データとしてモニタリングする。医師は症状のモニタリングを通じ、増悪の予見と薬剤変更など適切な治療介入に結びついたかを検証する。ePROを活用することで医師と患者の信頼関係が高まり、副作用の予見や治療の継続、さらには治療アウトカムの向上に結びつくとの期待もある。

続きを読む

米FDA:全身性強皮症に伴う肺疾患治療薬Ofevを承認

米食品医薬品局(FDA)は9月6日、Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals, Inc社のチロシンキナーゼ阻害剤・抗線維化剤Ofev(ニンテダニブ)カプセル剤について、成人における全身性強皮症(全身性硬化症)に伴う間質性肺疾患(SSc‐ILD)の肺機能の悪化を遅らせる適応追加を承認した。同疾患に対する薬剤としてはFDA初めての承認薬。

続きを読む

証券取引等監視委員会:日本調剤元役員の重要事実に係る取引推奨行為で課徴金勧告

証券取引等監視委員会は9月13日、日本調剤の元役員が自己株式の取得を行う決定をした旨の重要事項を知りながら、被推奨者に対し、公表前に同社株式の買付をさせたとして、課徴金納付命令を勧告したと発表した。金融商品取引法に基づき課徴金218万円の納付を金融庁に求めている。

続きを読む

フォルテオBSが登場へ、年数十億円目指す。骨粗鬆症領域で初、持田製薬が自社販売(内資)

国内初となる骨粗鬆症治療薬「フォルテオ」(一般名=テリパラチド〈遺伝子組換え〉)のバイオシミラー(BS)の登場が目前に迫っている。持田製薬が承認申請したもので、順調にいけば今月中に承認され、11月に薬価収載される見込み。自社単独で販売し、ピーク時に年間数十億円規模の売り上げを目指す。同社の榊潤一取締役常務執行役員が日刊薬業の取材で明らかにした。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。