MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

厚労省:下期の価格交渉に向け事務連絡。過大な値引き交渉是正、単品単価契約推進求める

厚労省医政局経済課と保険局医療課は7月11日付で、「医療用医薬品の流通改善に向けて流通関係者が遵守すべきガイドラインに関する質疑応答集(Q&A)」を関係団体に事務連絡した。下期に医薬品卸と病院・診療所、保険薬局間で価格交渉が活発化することを見込み、過大な値引き交渉の是正や単品単価契約の一層の推進などを改めて徹底した。6月28日に開催された流改懇では、医薬品卸側から上半期分の価格交渉について8月中の妥結を目指す方針が示されたほか、10月に消費増税改定が控えていることから、改めて川下の取引の適正化を促す狙いが込められている。

続きを読む

日本イーライリリー:米本社のトムセン氏が新社長に。9月1日付(外資)

日本イーライリリーは7月12日、米本社のシモーネ・トムセン氏が日本法人の社長に就任すると発表した。同氏は2002年に、イーライリリー・アンド・カンパニーに入社し、営業・マーケティングの役職を歴任。11年1月から13年12月まで日本法人でマーケティング本部長の経験もある。2014年1月から社長を務めているパトリック・ジョンソン氏は、米本社バイオ医薬品事業部のプレジデントに異動する。9月1日付で実施する。

続きを読む

小野薬品:抗CD47抗体を導入、開発へ。新たながん免疫チェックポイント阻害薬(内資)

小野薬品は7月11日、米Forty Seven社が血液がんを中心に抗がん剤として開発を進める抗CD47抗体「5F9」について、日本、韓国、台湾、ASEAN諸国での独占的開発、商業化する契約を締結したと発表した。マクロファージ上のSIRPαとがん細胞上のCD47の結合が結合すると、がん細胞は貪食回避シグナルを発し、マクロファージによる貪食から逃れることが知られている。「5F9」は、両タンパク質の結合を阻害し、貧食回避シグナルを無効化する免疫回避機構を標的とした新たな薬剤として期待される。小野は、新たながん免疫チェックポイント阻害薬として開発する。

続きを読む

沢井製薬:製品の原薬製造国を開示。医療関係者向けのウェブサイトで(内資)

沢井製薬は7月12日、医療関係者向けのウェブサイトで、原薬製造国を開示したと発表した。一部準備中のものもあるが、基本的に全製品を対象に情報を開示する方針。原薬生産国は、最終原薬の製造所がある国とし、複数国ある場合にはすべての国を表記する。あわせて精製前の工程を行う粗原薬製造所の国名も開示している。

続きを読む

【TREND】SGLT2阻害薬、配合剤成長で700億円市場に。心不全と腎臓病で開発も

SGLT2阻害薬がエビデンスの蓄積や効能追加によって新たなステージに入ってきた。当初伸び悩んだ売り上げも2018年度は単剤だけで前年度比29%増加し、配合剤を合わせた市場は700億円規模に到達。着実に市場に浸透している。今後は心・腎領域での処方拡大が見込まれ、糖尿病治療薬にとどまらないポテンシャルに期待が高まっている。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。