MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

アステラスのADC、米FDAが申請受理。尿路上皮がんで(内資)

アステラス製薬は17日、米シアトル・ジェネティクスと共同開発している抗体-薬物複合体(ADC)エンホルツマブ ベドチンについて、米FDA(食品医薬品局)から生物学的製剤承認申請が受理されたと発表した。

続きを読む

多発性骨髄腫薬3剤併用、P3で主要項目達成。「カイプロリス」や「ダラザレックス」など(外資)

米アムジェンは17日までに、再発・難治性多発性骨髄腫患者を対象とした「カイプロリス」(一般名=カルフィルゾミブ)と「ダラザレックス」(ダラツムマブ)、デキサメタゾンの3剤併用療法について、カイプロリスとデキサメタゾンの2剤併用療法と比較した国際臨床第3相試験(CANDOR試験)で主要評価項目(無増悪生存期間=PFS)を達成したと発表した。

続きを読む

久光薬の3~8月、営業益1割減 医療用苦戦(内資)

久光製薬の2019年3~8月期の連結営業利益は、前年同期比1割強減って100億円前後になったようだ。医療用医薬品の販売が苦戦したことに加え、抗アレルギー薬「アレグラ」の売り上げのピークが前年度に早まった影響が残る。新興国など海外での「サロンパス」シリーズ拡販に向けた費用負担が一巡し、減益率は3~5月期の36%から縮小しそうだ。

続きを読む

エーザイとバイオジェン:エレンベセスタットのフェーズ3中止。共同開発のアルツハイマー薬は1剤に(内資、外資)

エーザイと米・バイオジェンは9月13日、早期アルツハイマー病の適応取得を目指して開発中だったBACE阻害薬・エレンベセスタットの臨床第3相試験を中止すると発表した。独立安全性データモニタリング委員会(DSMB)は、安全性レビューでベネフィットがリスクを上回ることはないと判断。試験中止の勧告に至った。両社は3月にも、アデュカヌマブの開発中止を発表しており、アルツハイマー治療薬の適応取得を目指して共同開発を進める臨床後期の候補物質はアミロイドβタンパク質(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」のみとなった。

続きを読む

Alnylam Japan・中邑社長:疾患啓発に注力。初のRNAi治療薬・オンパットロ上市で(外資)

Alnylam Japanの中邑昌子代表取締役社長兼アジア地区シニア・バイスプレジデントは9月13日、国内初のRNAi治療薬・オンパットロ点滴静注(一般名:パチシランナトリウム)の上市を受け、同社が主催したメディアセミナーで、「この疾患で苦しんでいる人にできるだけ早くこの薬を届けたい」と述べ、疾患啓発と患者の掘り起こしに力を入れる考えを示した。同剤は、同社が9月9日に発売。同社にとって、国内で上市・販売した初の製品となる。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。