MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

AZ、肺がん死亡撲滅へパートナーシップ設立(外資)

アストラゼネカは10日までに、世界肺癌学会(IASLC)、ガーダントヘルス、世界肺癌連合(GLCC)と、将来的な肺がん死亡の撲滅に向けたパートナーシップ「Lung Ambition Alliance」(LAA)を設立したと発表した。

続きを読む

「ソリリス」、NMOSDの適応追加取得。米アレクシオン、米FDAから(外資)

米アレクシオン・ファーマシューティカルズは10日までに、C5補体阻害剤「ソリリス」(一般名=エクリズマブ〈遺伝子組換え〉)について、抗アクアポリン4抗体を保有する視神経脊髄炎スペクトラム(NMOSD)の治療薬として米FDA(食品医薬品局)から適応追加の承認を取得したと発表した。

続きを読む

エーザイ、米国に認知症薬の研究所。オープンイノベーションも推進(内資)

エーザイは10日、米マサチューセッツ州ケンブリッジに革新的認知症治療薬創出を目指す探索研究所「G2D2(Eisai Center for Genetics Guided Dementia Discovery)」を開所したと発表した。

続きを読む

シミック、米国の治験標準化団体に加入。オープンな技術標準策定で

シミックは10日、昨年米国で設立された治験標準化団体「Align Clinical CRO」に日本のCROとして初めて加入したと発表した。

続きを読む

18年のグローバル製品売上:トップは自己免疫疾患薬ヒュミラ、254億ドル。IQVIA

IQVIAはこのほど、2018年の世界の医療用医薬品売上の1位が関節リウマチや乾癬などの自己免疫疾患に用いるヒュミラ(一般名:アダリムマブ)だったとの調査結果をまとめた。売上は254億8500万ドルで、前年比10.8%増だった。2位はインスリン製剤ランタス(インスリングラルギン)で売上104億1400万ドル、前年比8.5%減、3位は自己免疫疾患用薬エンブレル(エタネルセプト)で101億8100万ドル、3.0%減だった。世界で異なる名称や企業で流通する製品を同一にグルーピングした結果で、国・地域によってはOTC売上を含む場合がある。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。