MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

日本チェーンドラッグストア協会・中澤専務 ファーマライズの無資格調剤は「罪」

日本チェーンドラッグストア協会は定例会見で、調剤薬局チェーンのファーマライズホールディングスによる「無資格調剤問題」について見解を示した。

続きを読む

2015年3月期決算発表

各社の2015年3月期の決算が発表された。 第一三共:ランバクシー合併で大幅増益、国内事業は苦戦 エーザイ:国内不振と「アシフェックス」特許切れで減収 沢井製薬:売上高が1000億円突破 東和薬品:追い風受け、大幅増収増益 バイタルKSK:市場縮小で大幅減益、長期品は2割減 クオール:2ケタ増収、調剤事業1000億円超え

続きを読む

28日に第二部会、ギリアドの“本命”、「ハーボニー」を審議

厚生労働省は28日に薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開き、ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の製造販売承認の可否を審議する。

続きを読む

品切れ企業「収載受け付けない」

厚生労働省の二川一男医政局長は参院厚労委員会で、品切れを起こした後発品企業に対して厳しい措置を講じる考えを示した。

続きを読む

後発品企業、中期経営計画を発表

沢井製薬は、2015~2017年度までの3ヵ年の中期経営計画を発表した。2017年度の数値目標を売上高1470億円、営業利益250億円に設定。 東和薬品は、2018年3月期を最終年度とする3ヵ年中期経営計画を発表した。2018年3月期の数値目標は、売上高1050億円と1000億円の大台を突破すると予想。

続きを読む

2015年3月期決算発表

各社の2015年3月期の決算が発表された。 大正HD:減収減益、増税と天候不順で キョーリンHD:「フルティフォーム」が好調 メディパルHD:減収減益、「すでに2年目の価格」 ニプロ:増収増益、海外医療関連事業を中心に 大幸薬品:減収だが、海外医薬品事業は好調

続きを読む

新薬16製品が薬価収載へ

厚生労働省の中医協・総会は、新薬16製品(16成分28品目)を薬価収載することを決めた。同省は20日に収載予定。 ・ワントラム錠100mg:100mg1錠 119.10円(1日薬価:357.30円) ・ノピコールカプセル2.5μg:2.5μg1カプセル1795.00円(1日薬価:1795.00円) ・オプスミット錠10mg:10mg1錠1万4594.00円(1日薬価:1万4594.00円) ・ザファテック錠50mg、同錠100mg:50mg1錠559.20円、00mg1錠1045.10円 (1日薬価:149.30円) ・サデルガカプセル100mg:100mg1カプセル 7万6925.90円 ・レンビマカプセル4mg、同カプセル10mg:4mg1カプセル3956.40円、10mg1カプセル9354.20円(1日薬価:2万2450.10円) ・ポマリストカプセル1mg、同2mg、同3mg、同4mg:1mg1カプセル4万2624.80円、2mg1カプセル5万802.00円、3mg1カプセル5万6294.50円、4mg1カプセル6万548.00円(1日薬価:4万5411.00円) ・アシテアダニ舌下錠100単位、同舌下錠300単位:100IR1錠67.10円、300IR1錠201.20円(1日薬価:201.20円) ・ソバルディ錠400mg:400mg1錠 6万1799.30円(1日薬価:6万1799.30円) ・エビリファイ持続性水懸筋注用300mg、同400mg、同300mgシリンジ、同400 mgシリンジ:300mg1瓶(懸濁用液付)3万8212円、400mg1瓶(懸濁用液付)4万6480円、300mg1キット3万8271円、400mg1キット4万6539円(1日薬価:1662円) ・サイラムザ点滴静注液100mg、同静注液500mg:100mg10mL1瓶7万5265円、500mg50mL1瓶 35万5450円(1日薬価:2万311円) ・オルドレブ点滴静注用150mg:150mg1瓶8261円(1日薬価:1万3768円) ・ノボサーティーン静注用2500:2500国際単位1瓶(溶解液付) 364万8446円 ・ガドビスト静注1.0mol/L 7.5 mL、同シリンジ5mL、同シリンジ7.5mL、同シリンジ10mL:60.47%5mL1筒 5114円、60.47%7.5mL1筒7457円(1回薬価:4971円)、60.47%10mL1筒9745円 ・エクリラ400μgジェヌエア30吸入用、同400μgジェヌエア60吸入用:30吸入1キット3150.90円 (1日薬価:210.10円) ・デュアック配合ゲル:1g157.40円(1日薬価:314.80円)

続きを読む

日本調剤・三津原社長、後発品比率、来年には85%「できる」

日本調剤の三津原博社長は、東京本社での決算説明会で、後発品の取扱い状況について説明した。日本調剤の後発品使用比率は、4月の段階で74.4%と政府目標の60%を「とっくに達成している」と紹介

続きを読む

課税前提なら「引き剥がし方」が争点、消費税問題 財務省は補填分だけでなく税額分返還の主張も

医療機関の控除対象外消費税問題を巡って、2017年4月の消費税率10%への引き上げ対応は、16年度与党税制改正大綱がまとまる「12月決着」を見据えた議論が始まっている。

続きを読む

サイト内検索