MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

日本リリー、オンコロジー事業拡大へ(外資)

日本イーライリリーは、抗がん剤ラムシルマブの発売を機に、オンコロジー事業を拡大する。 2013年度の売上高は1921億円で、その4分の1に当たる約480億円をオンコロジー領域が占めているが、売り上げ構成比を3分の1まで引き上げたい考え。

続きを読む

日本版CU制度、2015年度に施行へ

厚生労働省は薬事・食品衛生審議会薬事分科会を開き、「日本版コンパッショネートユース(CU)」を了承した。 医師主導治験で実施できる「アクセス制度」と異なり、企業治験による実施も可能とする。企業の新薬開発が主な目的ではないことを踏まえ、治験薬剤費を患者負担にすることもできる。

続きを読む

鳥居薬品、組織変更及び人事異動のお知らせ(内資)

鳥居薬品は、全社のコンプライアンス推進に関わる業務を所管する専担組織として「コンプライアンス推進部」を設置します。

続きを読む

武田薬品の憂鬱、揺れる企業価値 米「副作用」訴訟7500件超(内資)

武田薬品工業が、米国で糖尿病治療薬「アクトス」をめぐる製造物責任訴訟に悩まされている。米ルイジアナ州西部連邦地方裁判所は9月、アクトスの副作用でぼうこうがんを発症したとする原告の主張を認め、同社に「懲罰的損害賠償金」として60億ドル(約7000億円)の支払いを命じた陪審員の評決を支持。10月の判決では、武田の減額申し立てが認められ、2765万ドル(約32億5000万円)へと99%以上減額されたが、係争中の類似訴訟は10月末時点で7500件を超える。巨額賠償を求められるリスクをにらみ、同社の株価も揺れ動いている。

続きを読む

ネイチャー:「今年の10人」に理研の高橋政代氏

英科学誌「ネイチャー」は科学分野で話題を集めた「今年の10人」の1人に理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダーを選び、最新号で発表した。 また、STAP細胞の有無を確かめる検証実験で理化学研究所の小保方晴子研究員が細胞を作れず、論文に記載した実験内容を再現できなかったことが、分かった。

続きを読む

2歳未満への肺炎球菌ワクチン、製剤選択誤り接種

日本医療機能評価機構は、医療現場で注意が必要な医療ミスを取り上げる医療安全情報No,97で、接種不適当者とされている2歳未満の小児に肺炎球菌ワクチンのニューモバックスNP(MSD)を誤って接種したミスが医療機関から報告されているとして、同ワクチンは製剤によって接種対象者の年齢が異なることに注意するよう呼びかけた。

続きを読む

日医、自己採血の検体測定事業、“医師への伺い”条件に日薬と合意

日本医師会の横倉義武会長は、これまで強く反対してきた患者自己採血による検体測定事業について、日本薬剤師会との間で「合意」に達したと発表した。

続きを読む

CROインテリム、印系ズィフォと業務提携

CROのインテリムとインド系CROのズィフォ テクノロジーズ社が、CDISC標準に対応するため業務提携したことが分かった。

続きを読む

第一三共、「年間8~10品目臨床入り」目指す(内資)

第一三共は、品川研究開発センターで会見し、同社の研究開発戦略を明らかにした。 研究開発部門の生産性が向上していると強調した上で、17年まで毎年8~10プロジェクトを臨床試験開始段階に導きたいと抱負を語った。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。