MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

IMS調べ、世界薬剤費は7%増で1兆ドル突破

世界の医薬品市場は9890億ドルから700億ドル増えて(7%増(前年比))1兆ドルの大台に乗る。

続きを読む

新薬開発費、平均25.58億ドルに

販売承認の取得まで新薬の研究開発費は平均25.58億ドル、00年当時のインフレ換算10.44億ドルから2.45倍になった。

続きを読む

自民・無駄撲滅PT、長期品使用せず全て後発品調剤を  

自民党の行政改革推進本部「無駄撲滅プロジェクトチーム(PT)」は歳出削減に関する提言をまとめ、菅義偉官房長官に提出した。 厚生労働省関係では医療費の適正化に向け、後発医薬品がある医薬品について、全ての処方箋に対し後発品を調剤することを原則にするよう求めた。先発医薬品を調剤させる場合、その必要性を処方箋に明記することを医師に義務付けるべきとした。

続きを読む

製薬協・多田会長、毎年改定「実勢価」の把握は困難

日本製薬工業協会の多田正世会長は、薬価の毎年改定について、「本当に実勢価を調査できるのか」と疑問を呈した。

続きを読む

バイタルKSK・村井氏「時間切れ」で単品総価交渉に後退、粗利は低下

バイタルケーエスケー・ホールディングスの村井泰介取締役は、15年3月期第2四半期(4~9月)は未妥結減算のもとで9月に集中的に妥結を進めた結果、販売価格の低下を招いた

続きを読む

メルクセローノ、低身長治療薬を富士フイルムファーマに販売権譲渡(外資)

メルクセローノ株式会社は富士フイルムファーマ株式会社と、メルクセローノが保有する小児成長ホルモン分泌不全に伴う低身長治療薬「サイゼン」とその専用注入器である「イージーポッド」、「ワンクリック」の国内販売権利を富士フイルムファーマに譲渡することで合意しました。

続きを読む

新薬14製品が薬価収載へ

中央社会保険医療協議会総会は、厚生労働省が提示した通りに新薬の薬価収載を了承した。 ベルソムラとジーラスタは有用性が認められ5%の加算が認められた。 ただ、診療側委員が、ベルソムラの作用機序から想定される潜在的なリスクとして指摘されているナルコプレシーに対し懸念を示した。 ・ベルソムラ錠 15㎎1錠89.10円 20㎎1錠107.90円 ・リクシアナ錠 1錠758.10円 ・アグリリンカプセル 01カプセル774.40円(原価計算方式) ・ボシュリフ錠 1錠3791.00円 ・ブイフェンドドライシロップ 40mg1mL(懸濁用内用液として)1328.30円 ・バニヘップカプセル 150㎎1カプセル2812.00 円 ・ミダフレッサ静注 10mL1瓶3340円 ・ジーラスタ皮下注3.6mg 0.36mL1筒10万6660円 ・ホメピゾール点滴静注1.5g「タケダ」 1瓶13万7893円 ・ザノサー点滴静注用 1瓶 4万2531円 ・マブキャンパス点滴静注30mg 1瓶8万9254円 ・グラナテック点眼液0.4% 1mL451.00円 ・タプコム配合点眼液 1mL1060.00円 ・コムプレラ配合錠 1錠5817.80円

続きを読む

厚労省、オブリーンの再提示を見送り

厚生労働省は中央社会保険医療協議会総会に、武田薬品の抗肥満薬オブリーンの薬価収載を再提案することを見送った。

続きを読む

新調剤支援システム、「患者個別対応」まで

メディパルホールディングスは、独自開発した調剤薬局業務支援システム「プレサス」の拡販に乗り出している。

続きを読む

シミックHD・中村CEO、受注増で好調のCRO事業、M&Aは慎重

シミックホールディングスの中村和男CEOは決算説明会で、好調に推移しているCRO事業について、「国内拠点のない会社からずいぶん仕事が回っている」と現状を語った。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。