MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

インド・GEメーカー 中南米への事業展開や売却など模索

インドのジェネリックメーカーは、米国への企業展開から、中南米への事業展開や事業売却などに動いている。米食品医薬品局(FDA)は、品質確保に力を入れており、ランバクシー社にGMP違反で5億ドルにのぼる罰金を科すなど厳格な規制を敷いている。インドのGE企業はこうした状況を踏まえ、経営転換を迫られていると言えそうだ。米・ロイター通信が6月29日に報じた。インドのジェネリックメーカーの品質確保としては、ランバクシー社のGMP違反が記憶に新しいが、この問題は1社にとどまらず、多くのインドのジェネリックメーカーが直面する課題でもある。

続きを読む

日本ジェネリック製薬協会:新目標は歓迎も、算定ルール見直しに懸念、骨太決定で見解

日本ジェネリック製薬協会は1日、政府が6月30日に決定した「骨太方針2015(経済財政運営と改革の基本方針2015)」について見解を発表した。後発医薬品の新目標が盛り込まれたことは「大変ありがたく受け止めている」とした一方、後発品の価格算定ルールの見直しを検討すると盛り込まれたことに懸念を示した。

続きを読む

製薬協・多田会長、総合戦略で厚労省と連携  後発品“原則化”の修正「積極的に評価」

日本製薬工業協会の多田正世会長は、「骨太方針2015」に対する談話を日刊薬業に出した。国が「基礎的医薬品の安定供給」「創薬イノベーション推進」「医薬品産業の国際競争力強化」に向けて必要な措置を講じる点については、「製薬協として大いに評価したい」と内容を支持した。さらに医薬品産業の底上げと経済成長に貢献するため、「総合戦略」の実現に向けて厚生労働省と連携する考えも示した。

続きを読む

第一三共:森田相談役が退任、庄田氏は続投(内資)

第一三共の森田清相談役は6月30日付で退任した。本紙取材に対し、同社コーポレートコミュニケーション部が明らかにした。

続きを読む

骨太方針2015、成長戦略を閣議決定。後発品80%時代へ

政府は臨時閣議で、経済財政運営と改革の基本方針2015(骨太方針)、成長戦略「日本再興戦略」改訂2015を決定した。骨太方針2015については、後発医薬品80%の目標達成期間などについての変更はなかったが、最終調整で「保険制度における後発医薬品使用の原則化」は削除されるなどの一部文言修正が行われた。

続きを読む

日本ジェネリック医薬品学会:2015年版政策提言を発表、後発品調剤体制加算85%に

日本ジェネリック医薬品学会は、後発医薬品の数量目標を2020年度末までに80%以上とすることを盛り込んだ「後発医薬品使用促進政策提言2015」を発表した。後発品の目標を数量ベースから金額ベースにすることも含め、具体的な促進策をまとめた。提言は今後、厚生労働省などに提出する。

続きを読む

MR1人当たり生産性、トップは参天製薬

ミクス編集部は、製薬各社へのアンケートなどで得られた2014年度の医療用医薬品売上高をもとにMR1人当たり生産性を算出した。原則2014年4月現在のMR数も判明している46社(うちGE専業5社)のうち、先発品メーカートップは2億6590万円の参天製薬だった。2014年度に新薬の加齢黄斑変性治療薬アイリーアの売上増が生産性を下支えした。

続きを読む

新興国市場ナンバーワンの成長率を誇る会社は? 投資会社調査

2015年第1四半期までの1年間(2014年4月-2015年3月)で、新興国市場における売上の成長率でトップになったのは、英アストラゼネカ(AZ)だった。米投資顧問会社Bernstein&Co社のまとめた報告書で明らかになった。米医薬専門誌「FiercePharma」6月23日付が報じた。調査は、製薬大手7社(ファイザー、サノフィ、AZ、米メルク、ノバルティス、ロシュ、イーライリリー)の過去数年と今年第1四半期の新興国における進出状況や販売状況を検討した。トップのAZは14%成長遂げるトップとなったAZは、過去1年間で新興国において14%の成長を示した。2位は、ファイザーとサノフィが10%成長で同位となった。一方で、米メルクは6%程度、リリーは今年第1四半期が4%となった。

続きを読む

興和創薬:高脂血症用薬リバロOD錠全規格の使用期限が3年に(内資)

興和創薬は6月29日、高脂血症用薬リバロOD錠1mg(一般名:ピタバスタチンカルシウム)の使用期限を「2年」から「3年」に延長すると発表した。長期安定性試験の結果に基づくもの。これで同OD錠の全規格で使用期限が3年になる。

続きを読む

医薬品医療機器総合機構の病院調査:医薬品採用時の有用情報源、添付文書、IF、製品情報概要が上位

医薬品医療機器総合機構(PMDA)が全国の病院を対象に行った調査によると、医薬品の採否を検討するために薬剤部のDI室等で活用する有用な情報源で最も使われているのは、添付文書だった。

続きを読む

サイト内検索