MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

きょう骨太素案、20年度末までの「早期に80%」で調整  中間目標も設定「17年半ばに70%」

政府の経済財政諮問会議は、6月22日に示される「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太方針)で、焦点だった後発医薬品(GE)の数量シェア目標80%以上達成を「18〜20年度末までの間のなるべく早い時期」とし、2017年央に70%以上とする中間目標を新たに設ける方針を固めた。2017年央に進捗評価を行い、その結果を踏まえて80%以上の目標達成時期を具体的に決める。現行のGE数量シェア60%以上達成時期については目標を設定しない。長期収載品を用いる場合に後発品との差額を負担する、いわゆる参照価格制度の導入は明記しなかった。毎年薬価改定については、2018年度までの実績を踏まえて検討する。22日の諮問会議で素案を固め、30日にも閣議決定する。

続きを読む

アサコールGE、市場投入「3ヵ月遅れ」厚労省、分母組み入れは10月(内資)

ゼリア新薬の潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」に後発品が「登場」した。ファイザーの「メサラジン腸溶錠400㎎『ファイザー』」が唯一、アサコールGEとして19日付で薬価収載された。

続きを読む

GE80%時代を考える GE80%達成は薬価を含めた 医薬品産業全体の底上げを

後発医薬品(GE)80%の到来が目前に迫っている。新薬メーカーにとっては、革新的新薬の創出に注力しなければ生き延びることさえ難しい時代に入った。これまで長期収載品の売上に依存せざるをえなかった製薬企業も少なくない中で、先発メーカー、ジェネリックメーカーともに経営改革を根本から迫られることになるとも言えそうだ。厚労省が8月末を目途に策定を進める総合戦略の概要を厚生労働省医政局経済課の城克文課長に聞いた。

続きを読む

抗血小板薬プラビックスGEはきょう発売、薬価は先発品薬価の43%

6月18日に官報告示された後発医薬品(以下、GE)の薬価によると、今回の目玉のひとつである抗血小板薬プラビックスGE(オーソライズド・ジェネリック含む)の薬価は、先発品薬価の43%となった。 日医工は、先発品を手掛けるサノフィ・グループの許諾を受け、原薬、添加物、製造方法・製造場所が同一のオーソライズド・ジェネリック(以下、AG)を発売する。同AGの効能・効果はGEとは異なり、GEの効能・効果である「虚血性脳血管障害後の再発抑制」に加え、先発品に用途特許が残っている「経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患」にも使える。沢井製薬は50mg錠の投入などを、東和薬品は錠剤の小型化・個装箱の工夫などを訴求している。

続きを読む

行革会議:GE80%以上への早期引上げ提言、目標達成時期明記せず

行政改革推進会議の歳出改革ワーキンググループ(座長:土居丈朗・慶應義塾大学経済学部教授)は、後発医薬品(GE)数量シェア80%以上への引上げなど、医薬品の国民負担の軽減策を盛り込んだ中間取りまとめを行政改革推進会議に報告した。目標達成時期については、厚労省が経済諮問会議に提示した「2020年度末より前のできるだけ早期に設定すべき」としたが、具体的な目途については盛り込まなかった。そのほか、長期収載品の保険給付額の見直しや、GEの薬価引き下げなども盛り込んだ。

続きを読む

ガルデルマ:ほうれい線など皺の矯正材の承認取得(外資)

ガルデルマは、中等度から重度の顔のほうれい線などの皺の矯正、整容に用いるヒアルロン酸使用軟組織注入材「レスチレン リド」「レスチレン パーレン リド」について、医療機器として承認を取得したと発表した。シリンジ充填済み製品で、安定化ヒアルロンさんナトリウム20mg/mLと、治療時の痛みを緩和するためにリドカイン塩酸塩水和物3mg/mLを含有している。

続きを読む

アラガン:局所麻酔配合のヒアルロン酸注入材、23日に発売(外資)

アラガン・ジャパンは、ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタウルトラXC」「同プラスXC」を23日に発売すると発表した。

続きを読む

メディシス:薬樹と業務提携締結、不動医薬品の相互売買など

メディカルシステムネットワーク(MSNW)は、神奈川県などを中心に首都圏で調剤薬局を展開する「薬樹」と業務提携契約を締結したと発表した。

続きを読む

2015年6月GE追補収載:抗血小板薬プラビックスGEに30社、糖尿病薬メトグルコGEも登場

厚生労働省は、後発医薬品(GE)など154成分547品目の薬価追補収載を官報告示した。収載日は19日。今回初めて後発医薬品が登場するのは7成分16規格185品目で、この中には国内医療用医薬品売上第1位の抗血小板薬クロピドグレル(先発品:プラビックス、サノフィ)がある。クロピドグレルGEの収載企業は30社で、先発品企業サノフィの許諾を受けて製品化したオーソライズド・ジェネリック(AG)も含まれる。AGは日医工が独占販売する。また、同後発医薬品には、先発品にはない規格の50mg錠も登場する。

続きを読む

サイト内検索