MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

後発品数量シェア、2020年度までに80%達成を

日本ジェネリック医薬品学会代表理事の武藤正樹氏(国際医療福祉大大学院教授)は後発医薬品の数量シェアについて、2020年度末までに80%を達成すべきと提言した。2020年度末までに80%達成という意味を込めた「2080運動」として促進を図っていきたいとした。

続きを読む

「患者副作用報告」2018年度までに本格運用、医薬品医療機器総合機構、企業・病院報告を補完

医薬品医療機器総合機構は、患者から直接、副作用の報告を受ける制度(患者副作用報告)を、第3期中期計画が完了する2018年度までに本格運用させる計画だ。患者からの副作用報告を、医療機関や製薬企業からの副作用報告を補完する情報として取り扱う。制度を本格導入した場合、患者からの報告内容が厚生労働省の安全対策調査会で検討対象となる可能性もある。

続きを読む

代表取締役社長逝去のお知らせ(内資)

株式会社三和化学研究所の代表取締役社長山本一雄が平成27年3月10日に逝去いたしました。

続きを読む

アッヴィ、ファーマサイクリックス買収で合意(外資)

米バイオ医薬品会社アッヴィはがん治療薬開発を手掛ける米ファーマサイクリックスを買収することで合意した。これによりアッヴィはがん治療の大型医薬品を手に入れる。買収価格に基づくファーマサイクリックスの時価総額は210億ドル(約2兆5200億円)。

続きを読む

ファイザー、MR数2555人に(外資)

ファイザーのMR数が、2014年12月現在で約145人減って2555人になった。約1年前には2700人と説明していた。同社によると、リストラによるものではなく、定年・中途退職による自然減、新卒MRの採用抑制、メディカル職などへの社内異動によるものだという。

続きを読む

全国健康保険協会、2014年11月後発品割合60.1%

全国健康保険協会は、2014年11月の後発品使用割合(調剤分、数量ベース)を公表した。

続きを読む

化学及血清療法研究所、国内発のHPVワクチンを武田から承継(内資)

化学及血清療法研究所は、武田薬品がヒューマンサイエンス振興財団と締結していたHPVワクチンの独占的実施権許諾に関するライセンス契約について、武田から承継したと発表した。

続きを読む

がん患者4500人分の遺伝子情報をDB化

国立がん研究センターは、今後2年間でがん患者4500人分のがん腫瘍の検体を収集して遺伝子解析を行い、関連する診療情報と合わせてデータベース(DB)を構築すると発表した。全国の医療機関や製薬企業とも連携して行う「SCRUM-Japan」というプロジェクトで、遺伝子情報と診療情報は匿名化した上で提携する製薬企業に提供し、創薬の研究に役立ててもらう。同時に主治医を通じて患者にがんの遺伝子情報を提供することで、患者が進行中の企業治験や医師主導治験に参加しやすくする。

続きを読む

武田元子会社、京大教授の発言を否定、CASE-J問題 「日本臨牀」論文で矛盾、厚労省が大学聴取へ

武田元子会社、京大教授の発言を否定、CASE-J問題 「日本臨牀」論文で矛盾、厚労省が大学聴取へ 武田薬品の降圧剤「ブロプレス」の大規模臨床試験「CASE-J」の論文で、不適切なグラフが作成された問題について、論文を掲載した日本臨牀社(大阪市)が、改竄への関与を否定した。

続きを読む

サイト内検索