MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

薬食審・第二部会 新薬4製品を審議、承認了承

厚生労働省の薬食審医薬品第二部会は1月21日、新薬4製品の承認の可否について審議し、いずれも承認を了承した。 ・レンビマカプセル4mg、同カプセル10mg ・アシテアダニ舌下錠100単位、同舌下錠300単位 ・エクリラ400μgジェヌエア30吸入用、同400μgジェヌエア60吸入用 ・デュアック配合ゲル

続きを読む

ノバルティス、早期退職者を追加募集(外資)

ノバルティスファーマが「転身支援プログラム」で早期退職者を募っている。募集人数は100人。3年以上勤務する30歳以上の社員を対象としている。

続きを読む

厚労省・二川医政局長、後発品の多さに言及

厚生労働省医政局の二川一男局長は、都内で開かれた日本ジェネリック製薬協会の新年賀詞交歓会で挨拶し、30社以上が一挙に大型品の後発品に参入する現状について言及した。

続きを読む

日本保険薬局協会・改定影響調査、処方箋単価・枚数が減少

処方箋1回当たりの金額は昨年3月に比べ6月時点で平均235円減少。後発医薬品体制加算の取得は77%から51%へと大幅に下落。処方箋受け付け回数が減少している。

続きを読む

横浜内科学会、MR認定制度発足へ

横浜内科学会は、4月にも製薬企業のMRの認定制度を発足させる。 製薬企業のプロモーションが自社製品に偏っていることを問題視。臨床医が自ら研修を行うことで、臨床医のニーズをくみ上げることができるMRを育成したい考えだ。

続きを読む

米J&Jの第4四半期、売上高が予想下回る(外資)

米医薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンが発表した第4・四半期決算は、総売上高が市場予想を下回った。 新薬など医薬品の売上高は伸びたが、ドル高が収益の足を引っ張った。

続きを読む

ノーベルファーマ:医療費問題で生活習慣病関連は「削っていかないと」(内資)

ノーベルファーマの塩村仁社長は、大阪府豊中市内で開催された彩都産学官連携フォーラム2015で講演し、将来的な医療費削減は避けられないとしつつも、医療保険はセーフティーネットとして絶対に必要と指摘した。ただ、私見とした上で「支出の大きい生活習慣病の部分を削っていかないといけない」と述べた。

続きを読む

臨床研究中核病院、申請で“門前払い”せず

厚生労働省は「医療法に基づく臨床研究中核病院の承認要件に関する検討会」で、法的な中核病院指定のための具体的な要件の取りまとめ案を示す。 これまでの議論では、不祥事のあった病院からの指定申請は“門前払い”とするよう求める意見が一部の委員から出ていたが、事務局の医政局研究開発振興課は、改善報告書の提出などを義務付けた上で、申請を受理する考えだ。

続きを読む

文部科学省、2015年度の科学技術予算は、前年度比0.3%減の9680億円。

文部科学省の2015年度予算案で科学技術予算は、前年度比0.3%減の9680億円となった。 医療分野の革新的技術実用化を強力に後押しするため、4月に発足予定の日本医療研究開発機構関連費用として598億円を計上。

続きを読む

MeijiSeikaファルマ、抗がん剤「ダリナパルシン」の国内ライセンスを取得(内資)

MeijiSeikaファルマは、医薬品ベンチャーのソレイジア・ファーマから、抗がん剤「ダリナパルシン」(一般名)の国内ライセンスを導入したと発表した。

続きを読む

サイト内検索