MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

高血圧学会、ディオバン事件で松原元教授を処分、捏造・改竄は認めず

日本高血圧学会は、降圧剤ディオバンに関する臨床研究の不正疑惑について、研究責任者である京都府立医科大学の松原弘明元教授の処分を発表した。

続きを読む

久光・第3四半期 国内医療用は苦戦、海外好調も販促費増(内資)

久光製薬が発表した15年2月期第3四半期の売上高は、国内医療用の苦戦を海外がカバーするかたちで、前年同期比-0.2%の1149億40百万円と微減。

続きを読む

日本化薬とGSK、抗がん剤タイケルブのコ・プロ、3月末で終了(内資)

日本化薬は、グラクソ・スミスクライン(GSK)の製品であるHER2陽性乳がんに対する経口分子標的薬タイケルブ錠250mgの日本におけるプロモーションについて3月末で終了することで合意したと発表した。

続きを読む

第一三共、リベート問題で米政府などと和解 3900万ドル支払い(内資)

第一三共 の米国法人は、同社薬剤の処方の見返りに医師らにリベートを支払っていたとされる問題で、米政府などに3900万ドルの和解金を支払うことで合意した。 司法省によると、同法人は2004年から11年にかけ、医師らを豪華な夕食会に招待、講演料の名目でリベートを支払っていた。

続きを読む

武田薬品、ラサジリンで国内P3開始、大日本住友、トレリーフにOD錠を追加(内資)

武田薬品は、パーキンソン病治療薬ラサジリンについて、併用療法を検証する国内臨床第2/3相試験(P2/ P3)および単独療法を検証する国内P3を開始したと発表した。 大日本住友製薬は、パーキンソン病治療薬トレリーフOD錠25mg(一般名:ゾニサミド)を2月23日に発売すると発表した。

続きを読む

GSK、早期退職プログラム実施へ(外資)

グラクソ・スミスクライン(GSK)が早期退職プログラムを実施することが分かった。削減する人数や、対象部門、時期、金額といった詳細は未定。

続きを読む

厚労省、薬剤師国試の大学別志願者数を公表

厚生労働省は、第100回薬剤師国家試験から、大学別の出願者数を公表する。 これまでは、全体の出願者数しか公表していなかったが、大学別の出願者数も明らかにすることで、各大学で実際に何人が受験しなかったのかが把握できるようになる。

続きを読む

オンコセラピー、がんワクチンのライセンスを解消(内資)

オンコセラピー・サイエンスは、扶桑薬品と大塚製薬とのそれぞれのライセンス契約を終了すると発表した。

続きを読む

協和キリン、がん領域で米シンダックス社とライセンス契約(内資)

協和発酵キリンは、米シンダックスとがん領域でのライセンス契約を締結したと発表した。欧米で進行性乳がんなどの療法の併用薬として開発している「エンチノスタット」について、日韓で独占的に開発・販売する。

続きを読む

サイト内検索