MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

参天製薬、メルクの眼科製品の譲受手続き完了

参天製薬は、米メルクと締結していた眼科製品の譲受がすべて完了したと発表した。 参天製薬は5月にメルクの眼科製品を譲受する契約を締結していた。

続きを読む

Meiji Seikaファルマ、CNS営業所を3か所増設

Meiji Seikaファルマは、中枢神経系(CNS)領域を専門的に情報提供するCNS営業所を3か所増設した。増設は、神奈川、千葉、埼玉の3か所で、CNS専任MRで構成する。

続きを読む

臨床研究に係る制度の在り方に関する検討会、議論が白熱

厚生労働省の臨床研究に係る制度の在り方に関する検討会が開催され、製薬会社の労務提供の規制、製薬企業の資本提供の開示、法制化に難色を示した。 一方、日本製薬工業協会は透明性ガイドラインに基づき、研究開発費の支払先と金額を開示する方針を示した。

続きを読む

旭川赤十字病院、後発品シェア80%へ先手

DPC制度の中で後発医薬品の使用割合を評価する「後発医薬品係数」の導入を受け、旭川赤十字病院が後発品の数量シェアを一気に拡大させた。10月単月は80%強となる見込み。

続きを読む

国内臨床開発支援会社のACRONETとエイツーヘルスケアを統合

伊藤忠商事株式会社は、製薬企業・医療機器メーカーに対する臨床開発支援および製造販売後調査業務を展開する株式会社ACRONETとエイツーヘルスケア株式会社を2014年11月1日付で統合する。

続きを読む

ノバルティス、新たに1299例で報告遅延

ノバルティスファーマは副作用報告の症例遅延が新たに1299例、計3878例あった社内調査の結果を発表した。8月末に一部の調査結果を公表し、残り6118例について重篤度などを調べていた。

続きを読む

武田薬品、米ベンチャーと提携拡大

武田薬品は、米バイオベンチャーのマクロジェニックスと4つの新規候補物質の開発・販売に関する契約を結んだと発表した。両社は今年5月に契約を結んでおり、提携範囲をさらに広げた。

続きを読む

協和発酵キリンとファイザー、がん免疫療法薬で開発提携

協和発酵キリンとファイザーは、がん免疫療法薬に関する提携契約を締結したと発表した。 試験はファイザーが実施し、費用は両社が均等に負担する。

続きを読む

アストラゼネカ、2型糖尿病で前向き研究開始

アストラゼネカは、2型糖尿病を対象とする長期コホート研究「J-DISCOVER」を開始した。経口血糖降下薬単剤での治療を行っている成人2型糖尿病のうち2剤目(経口薬または非経口薬)を検討している患者が対象。国内100施設の糖尿病専門医および一般内科医から2000例を登録、グローバルで1万5000人規模のコホート研究となる見込み。企業主導研究として実施するが、治療薬剤は特定しない。

続きを読む

サイト内検索