MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

1月ランキング、タケキャブが急浮上

医師の記憶に残った医療用医薬品のマインドシェアをチャネル別に調査し、指標化するアンテリオの「SOC(Share of Channels)」2015年1月分データによると、GP(99床以下)市場とHP(100床以上)市場の両方で、武田薬品工業の酸関連疾患治療剤「タケキャブ」が100位以上順位を上げて、首位となった。前回、両市場で1位だったMSDの不眠症治療薬「ベルソムラ」は、2位に順位を落とした。

続きを読む

日本薬剤師会・山本会長、分業の問題点反省し「微調整」施す

日本薬剤師会の山本信夫会長は健康情報拠点事業等担当者全国会議で、規制改革会議が開催した公開ディスカッションについて、「医薬分業制度そのものは必要な制度と理解を得られた」と説明。

続きを読む

規制改革会議公開討論、“門内薬局”容認論相次ぐ‐構造上の規制、緩和すべき

政府の規制改革会議は、「医薬分業における規制の見直し」をテーマに都内で公開ディスカッションを行い、病院の中や敷地内に薬局を開設する“門内薬局”を禁止している規制のあり方について議論した。厚生労働省や日本薬剤師会は、患者が複数の医療機関を受診するケースが増えていることを踏まえ、地域のかかりつけ薬局で患者の服薬状況を一元的に管理する必要性を強調。面分業を進めるためには、経営や立地を含め、あらゆる面で病院と独立している必要があると主張した。しかし、門前薬局が乱立している現状から、患者が薬局まで移動しなければならない状況は不便だとして、「病院内への薬局設置を認めるべき」との意見が相次いだ。

続きを読む

米J&Jが英GSK提訴、アレルギー薬広告が虚偽と主張(外資)

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、英製薬グラクソ・スミスクライン(GSK)が虚偽の広告で市場シェアを拡大しようとしているとして同社を提訴した。 これによると、GSKはアレルギー症状が増える季節を前に抗アレルギー点鼻薬「フルナーゼ」の効用に関し虚偽の宣伝をし、マクニールの「ベナドリル」と「タイレノール」の売り上げに影響が出たという。

続きを読む

小野薬品、5支店減らし9支店体制に、オプジーボにサイエンスリエゾンを新設(内資)

小野薬品は、4月1日付で営業本部を含む機構改革を実施すると発表した。営業本部については現行の14支店体制を、一部支店を統合して9支店体制にする。 また社長直轄部門のオンコロジー&イムノロジーサイエンス部を廃止し、NV戦略企画部の下にサイエンスリエゾンの担当部署を設ける。

続きを読む

規制改革会議、院内薬局開設に厚労省、日薬は反対

政府の規制改革会議は、病院内における薬局開設をテーマに関係者からヒアリングを行った。厚労省と日本薬剤師会は院内の薬局開設に反対の立場を表明した。両者は、一人の患者が複数の疾患を合併して医療機関を受診する現状に対し、「かかりつけ薬局で、一人の患者を一元的に管理することが重要」との主張を展開。同一建物内に薬局を開設することは、本来の目的である面分業の趣旨に反すると疑問を呈した。

続きを読む

JR九州系も薬歴未記載

JR九州ドラッグイレブンは、自社の調剤薬局で薬剤服用歴(薬歴)の記載漏れがあったと発表した。全22店舗のうち4店舗で見つかり、調査を終えた3店舗で128件の記載漏れや記載が遅れる事例があったという。診療報酬の請求の一部が不適切だった可能性があり、同社は「事実を確認して診療報酬を自主返金する」としている。

続きを読む

日本保険薬局協会調査、印象度高い後発品企業、沢井が首位

日本保険薬局協会が公表した管理薬剤師アンケート調査結果のうち、最も印象度の高い後発品メーカーは沢井製薬だった。

続きを読む

人事異動のお知らせ(外資)

アストラゼネカ株式会社は、2015年4月1日付で、下記の人事異動を行うことを発表しましたのでお知らせします。 新所属 取締役執行役員  谷口忠明      4月1日付入社 研究開発本部長  (たにぐちただあき)

続きを読む

サイト内検索