MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

米製薬アクタビス、アラガン買収を17日にも発表(外資)

後発医薬品(ジェネリック)メーカーの米アクタビスによる米製薬会社のアラガン買収交渉は間もなくまとまり、17日にも正式発表される見通し。

続きを読む

PMDA、後発品の対面助言は全対応に

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、後発医薬品の審査・相談体制を強化する。ジェネリック医薬品等審査部(GE審査部)」の新設を機に、全ての依頼に対応できていなかった後発品の対面助言を全希望者に実施していく。

続きを読む

大塚HD・第2四半期は増収増益(内資)

大塚ホールディングスは2014年12月期第2四半期の連結業績を発表した。医療用医薬品を含む医療関連事業の売上高は、エビリファイが貢献し前年同期比11.9%増と増収だった。

続きを読む

社会保障給付費の総額は108兆5568億円。伸び率1.0%

国立社会保障・人口問題研究所は、2012年度の社会保障費用統計をまとめた。 医療、年金、福祉等の社会保障給付費の総額が108兆5568億円で、過去最高を更新したと発表した。伸び率は1.0%。前年度に比べて1兆0507億円増加した。

続きを読む

群大病院、腹腔鏡手術後8人死亡

群馬大学病院で2011~14年、腹腔鏡を使う高難度の肝臓手術を受けた患者約100人のうち、少なくとも8人が死亡し、病院が院内調査委員会を設置して調べていることがわかった。

続きを読む

日本調剤、後発品好調

日本調剤は決算説明会で、14年度診療報酬改定について「非常に厳しい改定だった」と指摘。第2四半期決算の調剤薬局事業は、売上高が前年同期比7.3%増だった。

続きを読む

ニプロの第2四半期は増収増益(内資)

ニプロの15年3月期第2四半期は増収増益。 ニプロファーマの後発品も、DPC病院や調剤薬局市場で順調に推移した。

続きを読む

政策研の13年の新薬審査期間は10.1ヵ月

日本製薬工業協会の医薬産業政策研究所がまとめたリサーチペーパーによると、2013年に厚生労働省が承認した新薬は123品目で、12年よりも3品目多く、審査期間の中央値は全体で10.1ヵ月だった。

続きを読む

沢井製薬、上半期は増収増益(内資)

沢井製薬の上期業績はジェネリック薬使用促進による需要拡大により売上高が前期比17.4%増となり、利益面でも粗利増や販管費率の抑制効果で増収増益となった。

続きを読む

サイト内検索