MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

脳梗塞慢性期の再発、「プレタール」含む抗血小板薬2剤で半分に。国循など

慢性期の非心原性脳梗塞患者に対し、アスピリンまたはクロピドグレルにシロスタゾール(先発医薬品名「プレタール」)を加えた抗血小板薬2剤を長期併用することで、単剤治療に比べて脳梗塞再発の発現を約半分に有意に抑えられるとの研究結果を、国立循環器病研究センターなどのグループがまとめた。英国医学専門誌「Lancet Neurology」オンライン版に20日(現地時間)、論文を発表した。

続きを読む

医療的価値を評価へ、3本柱の改善を。来年度薬価制度改革へ業界側、自民勉強会で説明

中山讓治・第一三共会長(日本製薬工業協会長)は21日、自民党の厚生労働関係議員と製薬企業関係者でつくる「製薬産業政策に関する勉強会」(会長=衛藤晟一参院議員)で、2020年度薬価制度改革で実現を目指す制度見直し案を説明した。新薬創出・適応外薬解消等促進加算のうち、品目要件では「医療上の必要性が高く、承認審査上で優先的に審査される品目を対象にすること」などを求めた。

続きを読む

原価の開示度低くても「適切に薬価算定」。根本厚労相

根本匠厚生労働相は21日の閣議後会見で、22日に保険収載されるノバルティス ファーマの高額なヒト細胞加工製品「キムリア」(一般名=チサゲンレクルユーセル)について、「キムリアのように海外で製造される製品については、その原価の内訳に関する情報が公開されておらず、開示度が低くなることがある」と認めた上で、「その場合でも薬価算定の過程で、日本に輸入される際の価格が、日本以外の国が輸入する際の価格と比較して、大きな差異がないことなどを確認して、適切に薬価が算定できるようにしている」と説明した。

続きを読む

規制改革推進会議、第5次答申の骨子を了承

政府の規制改革推進会議(議長=大田弘子・政策研究大学院大教授)は20日、規制改革推進に関する第5次答申の骨子を了承した。医療・介護分野では「医療等分野におけるデータ利活用の促進」「社会保険診療報酬支払基金に関する見直し」など5項目を盛り込む。会見した大田議長は「目次に沿って答申内容を詰めていきたい」と述べた。

続きを読む

米メルク、がん製薬ベンチャー買収。1200億円で(外資)

米製薬大手メルクは21日、がん治療薬を開発する米非公開企業ペロトン・セラピューティクス(テキサス州)を10億5000万ドル(約1200億円)で買収すると発表した。ペロトンが手掛けるがん薬の開発状況に応じ、11億5000万ドルの追加支払いでも合意した。2019年7~9月期中の手続き完了を見込む。

続きを読む

官民対話で製薬団体:政府主導でがんゲノムなどRWD環境整備求める

日米欧の製薬団体は5月20日、厚労省、経済産業省など行政、アカデミアの代表者が一堂に集う「革新的医薬品創出のための官民対話」に臨み、がんゲノム情報などリアルワールドデータ(RWD)を適切に利活用するため、政府が主導し、環境整備に努めるよう強く要望した。がんゲノムをめぐっては、欧米ではすでにがんゲノムと患者の診療データを国主導で蓄積し、個別化医療の実現に近づいている状況にある。グローバル競争に打ち勝つためにも、産官学が一体となり、創薬環境を整備することが不可欠との考えだ。これを受けて根本匠厚労相は、環境整備の必要性を確認し、創薬イノベーションを充実させることに理解を示した。

続きを読む

MR認定センター:マネジャー研修の焦点は実績管理からコーチングに。受託教育で

MR認定センターは5月20日、「2018年度教育研修施設の受託教育に関する報告書」を公表した。この中でマネジャー対象の教育研修について、販売実績管理からMR活動の質向上のコーチングが焦点となっていると指摘した。ほか、安全性情報に関する研修の強化や患者目線での研修の要望が増えてきたとしている。同センターはMRの目指す姿として「患者志向に立った医薬情報の提案・収集・伝達活動を通じて、医療関係者から信頼されるパートナー」を掲げている。その実現に向け研修内容に変化が出てきていることがうかがえる。

続きを読む

バイエル薬品男性社員のパワハラ訴訟。企業側は請求棄却求める(外資)

バイエル薬品の50代の男性社員が、業務命令を不当だとして拒否したところ、パワハラを受けて休職を余儀なくされたとして、同社に対し、総額約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が5月20日、東京地裁(中村心裁判長)であった。被告側は欠席したが、答弁書で請求棄却を求めた。

続きを読む

大正製薬:スタートアップ企業と協業へ。新規ヘルスケアビジネス創出目指す(内資)

大正製薬は5月20日、協業するスタートアップ企業の募集を始めると発表した。「これまでの医薬品の枠にとらわれない」新たなヘルスケアビジネスの創出を目指す。大正製薬がスタートアップ企業の協業プログラムを行うの初めて。

続きを読む

英NICE:オクレリズマブをMS治療薬として推奨、当初ガイダンスから変更

英国立医療技術評価機構(NICE)は5月9日、ロシュ社のヒト化抗CD20 モノクローナル抗体製剤Ocrevus(オクレリズマブ)を推奨する最終ガイダンス案を公表した。同剤は昨年9月10日に発表した当初ガイダンス案では一次進行型多発性硬化症(MS)の治療薬として推奨していなかったが、当該企業が価格を引き上げたため、推奨へと変更した。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

【薬事】薬事統括部CMC企画部…


<改正薬事法の対応業務>・既承認申請品目の記載事項整備・海…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、