MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

感染症薬市場:21年に5000億円下回る見通し。抗菌薬適正使用で市場縮小。富士経済

富士経済はこのほど、感染症領域の治療薬市場が2021年に5000億円を下回るとの予測をまとめた。耐性菌対策のため、国による抗菌薬の適正使用が推進されていることから、「今後も抗生物質の使用を制限する政策は進み、(市場は)縮小が続くとみられる」(富士経済)としている。

続きを読む

“目利き対決”のAML薬、海外承認で明暗:アステラスは着々、第一三共は否定的見解相次ぐ(内資)

アステラス製薬と第一三共が開発競争を繰り広げてきた急性骨髄性白血病(AML)治療薬2製品の明暗が分かれている。再発・難治性AMLではアステラスのギルテリチニブ(製品名「ゾスパタ」)は日本、米国に続き、欧州でも間もなく承認される見通し。一方、第一三共のキザルチニブ(「ヴァンフリタ」)は日本での承認がライバルから約9カ月遅れたほか、米国、欧州で相次いで承認に否定的見解が示された。市場に登場し始めたばかりであり、勝負付けはまだ済んでいないものの、両社の「目利き対決」ともいわれる両製品の争いは承認取得ではアステラスが大きくリードしている。

続きを読む

AZ「ビレーズトリ」が各チャンネルで躍進:インテージヘルスケアImpact Track・8月度

インテージヘルスケアの「Impact Track」2019年8月度データによると、アストラゼネカ(AZ)の慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬「ビレーズトリ」が各チャンネルで急激に順位を上げている。

続きを読む

武田薬品:国内MR・総合職の新卒採用に新基準導入。グローバル人材の輩出加速へ(内資)

武田薬品は10月18日、国内のMR・総合職の新卒採用制度に、新しい採用基準を導入すると発表した。日本発のグローバル人材の輩出加速を目指す。これまでと同じくMR職としての適性をみるほかに、今回新たに、入社時からグローバルでのコミュニケーションがとれる人、またはその意欲がある人で、ビジネスレベルへの英語力に向けて自己研鑽できること――を入れた。新基準は10月以降に実施する2020年度入社の一部選考から導入し、21年度入社より本格運用する。

続きを読む

塩野義・ヤンセン:アルツハイマー患者の臨床検体を研究機関に広く提供へ。米研究基金と契約(内資、外資)

塩野義製薬とヤンセンファーマは10月18日、臨床開発の過程で集積された臨床検体やデータを大学などの研究機関が利用できるよう協力する契約を、アルツハイマー治療薬研究基金(ADDF)との締結に合意した。研究機関などにデータを活用してもらうことで、アルツハイマー病の診断や治療、予防に活かしてもらいたい考え。

続きを読む

中医協総会:FoundationOneエヌトレクチニブのコンパニオン診断機能追加で保険適用了承

中医協総会は10月18日、中外製薬の次世代シークエンサーを用いた網羅的がん関連遺伝子解析システム「FoundationOne CDxがんゲノムプロファイル」にROS1/TRK阻害薬・ロズリートレク(一般名:エヌトレクチニブ)のコンパニオン診断機能を追加するなど、2製品の保険適用を了承した。19年12月に収載予定。

続きを読む

後発薬使用、製薬会社ほど低く。下位10社の8社占める

製薬会社の従業員は後発薬(ジェネリック)を敬遠している?――。厚生労働省がまとめた健康保険組合ごとの後発薬の使用状況によると、2019年3月時点で使用率の低い下位10社のうち8社はMSDや持田製薬、小野薬品工業など製薬会社の健保だった。新薬志向の強さがうかがえる。

続きを読む

抗がん剤の市場規模:21年に生活習慣病薬市場を抜き1位に。富士経済

富士経済は、抗がん剤の市場規模が2021年に、最大市場を形成している生活習慣病薬市場を抜いて1位になるとの予測をまとめた。抗がん剤市場は免疫チェックポイント阻害薬の適応拡大や細胞療法などの新薬の開発で市場が伸びる。一方で、降圧剤などで構成する生活習慣病薬市場は後発品の一層の普及に加え、「大型化が期待される開発品が見当たらない」(富士経済)ことから、縮小が続くとしている。

続きを読む

台風19号の被害・対応、続々と

NPhA 台風19号で会員薬局77軒が浸水被害 引き続き情報収集へ 台風19号被災地へ支援、武田と中外が義援金

続きを読む

製薬協、KMバイオロジクスの入会了承。加盟73社に

日本製薬工業協会は17日の常任理事会で、明治ホールディングスの子会社「KMバイオロジクス」の入会を了承した。同日付での入会で、加盟会社数は73社となった。総会後の記者会見で報告された。

続きを読む

サイト内検索