MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

算定ルール見直し要望、背景に薬剤の高額化。「ハーボニー」収載で議論白熱

【解説】26日の中医協総会で、ギリアド・サイエンシズの「ハーボニー配合錠」の薬価収載をめぐり、診療側から「1クール合わせ」のルール見直しを求める意見が出た。ただ、保険局医療課によると1クール合わせは、これまで抗がん剤など数多くの医薬品で活用されている。同日に薬価収載が了承されたメラノーマ治療薬「ヤーボイ」にも使われた。ルールそのものよりも、高額な薬剤がこのルールを活用することによって、さらに高い薬価になるケースについての問題意識が背景に垣間見える。

続きを読む

中医協・専門部会:医療材料、企業“お手盛り”の原価を問題視

中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は、保険医療材料専門組織(委員長=渡辺守・東京医科歯科大学教授)から意見を聞いた。

続きを読む

あすか:降圧配合剤ユニシアのAGを発売へ、先発の武田薬品と契約(内資)

武田薬品とあすか製薬は、武田の降圧配合剤ユニシアLD、同HD(一般名:カンデサルタン・アムロジピン)と原薬、添加物、製造方法が同じオーソライズド・ジェネリック(以下、AG)をあすかが発売できる契約を同日付で締結したと発表した。ユニシアのジェネリックはAGを含め「カムシア配合錠」と呼称する。あすかは8月にカムシア配合錠LD「あすか」、同HD「あすか」(以下、ユニシアAG)の製造販売承認を取得しており、12月の薬価収載に向けて薬価申請している。

続きを読む

米ベンチャー・Baxalta CEOが独自路線邁進を強調、シャイアー買収提案拒否で(外資)

本誌既報(8月6日付)通り、アイルランドのシャイアー社による買収提案を拒否した米ベンチャーのBaxalta社のLudwigNHantsonCEO兼社長は、8月10日、投資家を対象とした会合で改めて買収提案を拒否し、独自路線を邁進する考えを強調した。シャイアー社による買収提案の内容は、Baxaltaの株主が1株当たりシャイアー社の米国預託証券(ADR)0.1687ADRを受け取ることを可能とし、これはBaxalta株式1株当たり45.23ドル相当の評価額で、2015年8月3日のニューヨーク証券取引所(NYSE)におけるBaxalta株価の36%増となる。

続きを読む

沢井製薬:「開発センター」の稼働に伴い、組織変更(内資)

沢井製薬は、11月に予定する「開発センター」(大阪府吹田市)の稼働に伴い、組織変更を実施すると発表した。10月1日付。

続きを読む

【後発品80%時代へ】 東和薬品、生産体制「125億錠」から「140億錠」へ。吉田社長、中計の見直しも検討(内資)

東和薬品は2015年度から17年度までの中期経営計画で掲げた「生産体制125億錠」の整備計画を「140億錠」まで引き上げる。同社の吉田逸郎社長が24日、日刊薬業の取材に応じ、明らかにした。吉田社長は「数量シェア目標が一気に上がって年度が早まった。60%シェアの計画では追い付かない」と述べ、骨太の方針に示された後発医薬品の数量シェア目標値に生産体制の拡大で対応するとした。生産体制の整備計画見直しに伴い、中計を見直す方針も示した。

続きを読む

医療用薬10製品に新効能などの追加承認

医療用医薬品10製品が、効能追加などの承認を取得した。 ・ブイフェンド錠50mg、同錠200mg、同200mg静注用、同ドライシロップ2800mg:「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」の効能・効果を追加。 ・レミケード点滴静注用100:「既存治療で効果不十分な腸管型ベーチェット病、神経型ベーチェット病、血管型ベーチェット病」の効能・効果を追加。 ・クラビット錠250mg、同錠500mg、同細粒10%、レボフロキサシン錠250mg「DESP」、同錠500mg「DESP」、同細粒10%「DESP」:「肺結核及びその他の結核症」の効能・効果を追加。 ・トラクリア錠62.5mg:「全身性強皮症における手指潰瘍の発症抑制(ただし手指潰瘍を現在有している、または手指潰瘍の既往歴のある場合に限る)」の効能・効果を追加。 ・アイノフロー吸入用800ppm:「心臓手術の周術期における肺高血圧の改善」の効能・効果を追加。 ・トレシーバ注フレックスタッチ、同ペンフィル:「インスリン療法が適応となる糖尿病」を効能・効果とし、小児の用法・用量を追加。 ・アーチスト錠2.5mg、同錠10mg、同錠20mg:「頻脈性心房細動」の効能・効果を追加。 ・イクセロンパッチ4.5mg、同パッチ9mg、同パッチ13.5mg、同パッチ18mg、リバスタッチパッチ4.5mg、同パッチ9mg、同パッチ13.5mg、同パッチ18mg:「軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制」を効能・効果とし、その新たな用法・用量として1ステップ漸増法を追加。

続きを読む

医薬品業界の営業人員「縮小」が鮮明。卸MSは1万7759人に減少、後発品浸透で過去最少を更新

急激な製品カテゴリーチェンジが進み、変化する市場環境のなかで、医薬品卸が営業部隊であるMS(マーケティングスペシャリスト)を縮小させている。

続きを読む

サイト内検索