MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

消費税分科会:税率8%時、「薬局だけ」補填不足が発生

厚生労働省は30日、医療機関などの「消費税負担に関する分科会」に消費税率8%時の診療報酬への上乗せ対応について、補填状況の把握調査結果を示した。

続きを読む

富士経済:2030年の再生医療製品の市場695億円と予測

富士経済は30日、再生医療等製品やその周辺機器などを含む市場予測をまとめ、発表した。

続きを読む

2016年度診療報酬改定:医科、歯科はネットプラス、調剤マイナスの可能性も

財務省と厚労省の間で、2016年度の予算編成をめぐる折衝が本格化した。焦点の薬価・診療報酬改定については、厚労省が8月時点の概算要求時点で高齢化の伸びを6700億円増としたのに対し、財務省は5000億円弱に抑制するよう求めており、1700億円程度のギャップが生じている。現在までに薬価等 の改定財源は約1400億円とされるが、財務省はこれを診療報酬本体の財源とせず、調剤報酬の“抜本的な見直し”でさらに深掘る方針だ。これに対し厚労省 は、薬価等の改定財源に加え、薬価制度改革や大型門前薬局の適正化を見据えた調剤基本料の見直しなど、報酬・制度改正で300億円を捻出し、1700億円 を賄う考え。さらなる診療報酬・制度改正による財源を確保することで、プラス改定も視野に入れている。

続きを読む

薬食審・第一部会:新薬など3製品審議、全て承認了承。新機序の高脂血症薬の抗PCSK9抗体も

厚労省の薬食審医薬品第一部会は11月27日、新薬など3製品の承認の可否について審議し、全て了承した。この中には国内初の高コレステロール血症に用いる抗体医薬であるPCSK9阻害薬レパーサ皮下注も含まれる。同剤はアステラス製薬とアステラス・アムジェン・バイオファーマ(以下、AABP)が共同開発し、AABPが承認申請したもの。 【審議品目】 ・ボンビバ錠100mg(イバンドロン酸ナトリウム水和物):「骨粗鬆症」を効能・効果とする新投与経路医薬品。 ・エリキュース錠2.5mg、同錠5mg(アピキサバン):「静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制」を効能・効果とする新効能・新用量医薬品 ・レパーサ皮下注140mgシリンジ、同皮下注140mgペン(エボロクマブ(遺伝子組換え)):「家族性コレステロール血症、高コレステロール血症。ただし、心血管イベントの発現リスクが高く、HMG-CoA還元酵素阻害薬で効果不十分な場合に限る」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。 【報告品目】 ・スイニー錠100mg(アナリグリプチン):「2型糖尿病」を効能・効果とする新効能医薬品。 ・エフピーOD錠(セレギリン塩酸塩):単剤投与を可能にする新効能・新用量医薬品。 ・キシロカイン注ポリアンプ0.5%(リドカイン塩酸塩水和物)、▽リドカイン塩酸塩注射液0.5%「ファイザー」(リドカイン塩酸塩):「上肢手術における静脈内区域麻酔」を効能・効果に追加する新効能・新用量医薬品。

続きを読む

厚労省:規格・剤型追加した医療用薬6製品を薬価収載

厚労省は11月28日、規格や剤型を追加した医療用薬6製品を薬価基準に収載した。 ・ジプレキサザイディス錠2.5mg(オランザピン):138.30円 ・イグザレルト細粒分包10mg、同15mg(リバーロキサバン):10mg413.00円、15mg588.40円 ・エフィエント錠2.5mg(プラスグレル塩酸塩):201.20円 ・アレセンサカプセル150mg(アレクチニブ塩酸塩):6614.60円 ・レブラミドカプセル2.5mg(レナリドミド水和物):7647.10円 ・シプロキサン注400mg(シプロキサシン):2404円

続きを読む

GSK:男性型脱毛症治療薬の発売延期、工場が停止に(外資)

グラクソ・スミスクラインは、11月に発売を予定していた男性型脱毛症治療薬「ザガーロカプセル0.1mg、0.5mg」(一般名=デュタステリドカプセル)の発売を延期した。

続きを読む

厚労省:化血研の4種混合ワクチン「クアトロバック」の出荷自粛解除

厚労省は11月26日、4種混合ワクチン「クアトロバック皮下注シリンジ」について承認書と製造実態の齟齬などがあるとして製造販売する化血研に対し9月に要請していた出荷自粛を、同日付で解除したと発表した。

続きを読む

サイト内検索