MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

2014年、人員削減数トップは米アムジェンの4000人に

製薬企業の人員合理化の波は、大手製薬企業からベンチャー企業にも押し寄せてきているようだ。一方で、近年は一時に比べ、大手製薬企業の人員合理化はひと段落といった格好だ。米医薬専門誌「FiercePharma」4月7日号は、2014年の人員削減数トップ7社を報じた。人員削減数が最も多かったのは、米アムジェンの4000人、2位はスイス・ノバルティスの2283人、3位は米・アラガンの1500人、4位は英グラクソ・スミスクラインの1077人、5位は独・ベーリンガーインゲルハイムの900人、6位は英アストラゼネカの550人、7位はアイルランド・アクタビス社の390人。

続きを読む

塩崎厚労相、臨床研究の法制化「終わったわけではない」

塩崎恭久厚生労働相は参院決算委員会で、臨床研究の法制化について「現在作業を進めているところであり、決して法整備がなされずに終わったわけではない」と強調した。

続きを読む

クリニカルトラスト、DOTインターナショナル株式会社と治験モニタリング業務で提携

株式会社クリニカルトラストは、この度DOTインターナショナル株式会社と下記の通り、治験モニタリング業務の提携をいたしましたのでお知らせいたします。

続きを読む

ツルハ、レデイ薬局買収

ドラッグストア大手のツルハホールディングスは、四国を中心に店舗展開するレデイ薬局の株式の51%を約52億円で取得し、今秋にも子会社にすると発表した。売上高は合計すると5千億円規模でマツモトキヨシホールディングスに並び、今年9月にCFSコーポレーションと統合して業界1位になるウエルシアホールディングスの合計5600億円にも迫る。

続きを読む

ヴィーブ、1日1回1錠の「トリーメク配合錠」を発売(外資)

ヴィーブヘルスケアは、抗HIV薬「トリーメク配合錠」を新発売した。 製造販売元はヴィーブ。情報提供活動はヴィーブと塩野義が共同で行う。流通・販売は既存のヴィーブ製品と同様、グラクソ・スミスクラインが行う。ヴィーブはグラクソ・スミスクラインとファイザーによって2009年11月に設立された抗HIV薬に特化した企業。塩野義は2012年10月に株主として参加した。

続きを読む

ジャパンワクチン、皮内投与型インフルワクチンを承認申請(内資)

ジャパンワクチンは、皮下投与より高い効果が得られる可能性がある皮内投与型の季節性インフルエンザワクチンを日本で承認申請したと発表した。

続きを読む

コントラクトMR活用、「先発で使ってないのは数社」

日本CSO協会の清水昇会長は4、同協会活動報告会後に記者会見し、コントラクトMR数は2015年末には5000人に達するとし、その後も拡大していくとの予想を明らかにした。

続きを読む

厚生労働省、初の認定IRB決まる‐国病機構、京大など9機関

厚生労働省は、臨床研究の倫理性と科学的妥当性を適切に判断している質の高い倫理審査委員会(IRB)として、国立病院機構や京都大学大学院医学研究科等の9機関を認定した。国が審査の質を保証する初めての認定IRBとなり、申請のあった234機関について、専門家で構成する有識者委員会が審査を行った結果、最終的に9機関を認定した。厚労省は、認定したIRBの質をフォローアップするため、3年後に更新審査を実施する予定。 今回、認定を受けたのは国立精神・神経医療研究センター、国立病院機構、国立病院機構名古屋医療センター、国立病院機構大阪医療センター、京都大学大学院医学研究科、大阪大学医学部附属病院、長崎大学病院、慶應義塾大学医学部、順天堂大学医学部附属順天堂医院―の9機関。

続きを読む

アジアの薬事水準向上へ「GSubP」に合意、第4回アジア製薬団体連携会議会合、審査期間短縮を視野に

アジアの製薬企業の薬事水準を底上げし、適切な承認申請資料を提出できるようにするための規範「グッド・サブミッション・プラクティス」ガイドラインが、に東京都内で開かれたアジア製薬団体連携会議の第4回会合で合意された。この取り組みが浸透すれば、アジア地域での承認審査期間の短縮につながる可能性がある。

続きを読む

アプシェ、メディカルアフェアーズの支援サービス開始へ。英Tardis Medical Consultancy社と提携で

CSOのアプシェは、英Tardis Medical Consultancy社と、日本における製薬企業のメディカルアフェアーズを対象にしたコンサルティングなどの支援サービスについて戦略的業務パートナーとして業務提携契約を締結したと発表した。Tardis Medical Consultancy社は、メディカルアフェアーズの支援に特化したサービスを国際的に展開している企業。提携によりアプシェは、Tardis Medical Consultancy社のノウハウをベースに、日本企業向けにメディカルアフェアーズの活動など関するコンサルティングや、メディカルアフェアーズを活動MSLのトレーニングサービスの提供を始める。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。