MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

新薬薬価収載:アッヴィの経口C肝薬ヴィキラックス即日発売

新薬19製品が11月26日に薬価基準に収載され、アッヴィの経口C型肝炎治療薬ヴィキラックス配合錠は即日発売となった。同剤含め4製品がこの日に発売された。 【11月26日発売】 ・ヴィキラックス配合錠(オムビタスビル水和物/パリタプレビル水和物/リトナビル) 効能・効果:「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」 薬価:1錠2万6801.20円 ・マリゼブ錠12.5mg、同錠25mg(オマリグリプチン) 効能・効果:「2型糖尿病」 薬価:12.5mg1錠559.20円、25mg1錠1045.10円 ・エクメット配合錠LD、同配合錠HD(ビルダグリプチン/メトホルミン塩酸塩) 効能・効果:「2型糖尿病(ただし、ビルダグリプチン及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る)」 薬価:LD1錠87.70円、HD1錠87.70円 ・コパキソン皮下注20mgシリンジ(グラチラマー酢酸塩) 効能・効果:「多発性硬化症の再発予防」 薬価:20mg1mL1筒5617円 【11月27日発売】 ・ピートルチュアブル錠250mg、同チュアブル錠500mg(スクロオキシ水酸化鉄) 効能・効果:「透析中の慢性腎臓病患者における高リン血症の改善」 薬価:250mg1錠214.20円、500mg1錠314.30円 【12月1日発売】 ・イーケプラ点滴静注500mg(レベチラセタム) 効能・効果:「一時的に経口投与ができない患者における、てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)の治療に対するレベチラセタム経口製剤の代替療法」 薬価:500mg5mL1瓶1978円 ・ライゾデグ配合注フレックスタッチ(インスリンデグルデク(遺伝子組換え)/インスリンアスパルト(遺伝子組換え)) 効能・効果:「インスリン療法が適応となる糖尿病」 薬価:300単位1キット2322円 【12月3日発売】 ・ミティキュアダニ舌下錠3300JAU、同ダニ舌下錠10000JAU(-) 効能・効果:「ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法」 薬価:3300JAU1錠66.40円、10000JAU1錠201.20円 ・スピオルトレスピマット28吸入(チオトロピウム臭化物水和物/オロダテロール塩酸塩) 効能・効果:「慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解(長時間作用性吸入抗コリン薬及び長時間作用性吸入β2刺激薬の併用が必要な場合)」 薬価:28吸入1キット 4256.90円 【12月7日発売】 ・ヨンデリス点滴静注用0.25mg、同点滴静注用1mg(トラベクテジン) 効能・効果:「悪性軟部腫瘍」 薬価:0.25mg1瓶4万9307円、1mg1瓶19万7698円 【12月8日発売】 ・イフェクサーSRカプセル37.5mg、同SRカプセル75mg(ベンラファキシン塩酸塩) 効能・効果:「うつ病、うつ状態」 薬価:37.5mg1カプセル160.80円、75mg1カプセル270.70円 【1月18日発売】 ・アレルゲンスクラッチエキス陽性対照液「トリイ」ヒスタミン二塩酸塩(ヒスタミン二塩酸塩) 効能・効果:「診断 アレルゲンによる皮膚反応の陽性対照」 薬価:2mL1瓶7966円 【1月に発売予定】 ・トラクリア小児用分散錠32mg(ボセンタン水和物) 効能・効果:「肺動脈性高血圧症」 薬価:32mg1錠4577.00円

続きを読む

厚労省:26日発売のC肝薬ヴィキラックスに添付文書改訂指示、「重大な副作用」に肝不全

厚労省医薬・生活衛生局は11月26日、同日に薬価基準に収載され、即日発売された経口C型肝炎治療薬ヴィキラックス配合錠(オムビタスビル水和物/パリタプレビル水和物/リトナビル、アッヴィ)に、重大な副作用が海外で確認されたとして、添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知で指示した。

続きを読む

エーザイ:食品・化学子会社を売却へ、三菱化学フーズに(内資)

エーザイと三菱化学は26日、エーザイの100%子会社で食品・化学事業を担う「エーザイフード・ケミカル」を、三菱化学の100%子会社「三菱化学フーズ」に売却すると発表した。売却額は非公開。株式譲渡予定日は2016年2月1日。今回の子会社譲渡は今年9月に三菱化学側から持ちかけ、エーザイが応じた。

続きを読む

ノバルティス、コンタクトレンズケア事業の売却を検討-関係者(外資)

スイスの医薬品メーカー、ノバルティスはコンタクトレンズケア製品事業の売却を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社はアイケア部門アルコンの成長を高めることを目指している。

続きを読む

アストラゼネカ/サノフィ:化合物21万個を交換、「多様性を向上」(外資)

英アストラゼネカと仏サノフィは26日までに、それぞれ保有する化合物ライブラリのうち21万個の化合物を直接交換すると発表した。

続きを読む

自民・丹羽元厚相:薬価の毎年改定は「ふざけたこと、絶対させない」

自民党の丹羽雄哉元厚相は26日、日本製薬工業協会の懇談会で挨拶し、薬価改定に関して、「毎年改定なんてふざけたことは、絶対、目の黒いうちはさせない」と語った。

続きを読む

中医協:“医療機器版”市場拡大再算定、まずは詳細資料の提出から

厚生労働省は25日の中央社会保険医療協議会保険医療材料専門部会で、既存の機能区分に該当する「B区分」の保険適用希望書について「予測販売数の設定根拠を含め、予測販売数に関するより詳細なデータを提出する。

続きを読む

第一三共、ジャパンワクチン、サノフィ:4種混合ワクチン「スクエアキッズ」、12月9日新発売(内資、外資)

第一三共、ジャパンワクチン、サノフィは11月24日、百日せき、ジフテリア、破傷風、急性灰白髄炎(ポリオ)を予防する4種混合ワクチン「スクエアキッズ皮下注シリンジ」を12月9日に新発売すると発表した。厚労省は14年7月にスクエアキッズを定期接種で使用可能なワクチンのひとつに指定している。

続きを読む

「ルセンティス」「アイリーア」は高過ぎる。日本眼科医会、「非常にいい薬」だが、再算定でも「焼け石に水」

ノバルティスファーマのVEGF阻害薬「ルセンティス」(一般名=ラニビズマブ)、バイエル薬品/参天製薬の「アイリーア」(アフリベルセプト)の薬価に対して、眼科医から不満の声が上がっている。

続きを読む

カンデAG、「アジルバ」へ切り替えで目標未達、あすか製薬・山口社長(内資)

あすか製薬の山口隆社長は25日、決算説明会を開き、ARBカンデサルタンのオーソライズド・ジェネリック(AG)の販売動向などを明かした。カンデサルタンAGの15年度上半期売上高は40億7000万円(前年同期比20.3%増)と伸長したものの、当初目標には届かず、15年度通期の売上計画を88億6900万円に下方修正せざるを得なくなった。

続きを読む

サイト内検索