MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

JCRファーマ、ハンター症候群の中枢神経症状改善薬の開発着手 血液脳関門通過技術を導入(内資)

JCRファーマは、物質が脳に流入するのを防ぐ血液脳関門を通過する同社の技術を応用した、難病のハンター症候群の中枢神経症状を改善する新薬を開発することに着手したと発表した。これまで中枢神経症状に対しては髄腔内投与などの方法が試みられてきたが、患者に負担が大きいだけでなく、薬剤が十分に到達できないといった問題が懸念されていた。

続きを読む

厚生労働省、2015年度内に電子お薬手帳の「標準仕様」を構築

厚生労働省は産業競争力会議実行実現点検会合で、お薬手帳の電子化について「現在複数の取り組みがあるが、これらを共通化するために、標準仕様の構築を2015年度に行う方向で検討している」と報告した。

続きを読む

富士経済、国内後発品市場規模予測、2017年に9240億円

富士経済は、日本の2017年の後発品市場予測を発表し、市場規模は9240億円、2013年比で51.9%増加すると分析した。医療用医薬品全体の市場規模は8兆8660億円、13年比5.4%増になるとしており、後発品市場の急拡大ぶりが見て取れる。その一方で、長期収載品の市場規模は2兆1269億円、2013年比で9.1%縮小する。

続きを読む

新入社員数調査、武田薬品、MR131人を採用

製薬企業22社を対象に、15年4月入社の新入社員数について本紙がアンケート調査したところ、採用数が最も多かったのは146人の武田薬品だった。

続きを読む

2014年、人員削減数トップは米アムジェンの4000人に

製薬企業の人員合理化の波は、大手製薬企業からベンチャー企業にも押し寄せてきているようだ。一方で、近年は一時に比べ、大手製薬企業の人員合理化はひと段落といった格好だ。米医薬専門誌「FiercePharma」4月7日号は、2014年の人員削減数トップ7社を報じた。人員削減数が最も多かったのは、米アムジェンの4000人、2位はスイス・ノバルティスの2283人、3位は米・アラガンの1500人、4位は英グラクソ・スミスクラインの1077人、5位は独・ベーリンガーインゲルハイムの900人、6位は英アストラゼネカの550人、7位はアイルランド・アクタビス社の390人。

続きを読む

塩崎厚労相、臨床研究の法制化「終わったわけではない」

塩崎恭久厚生労働相は参院決算委員会で、臨床研究の法制化について「現在作業を進めているところであり、決して法整備がなされずに終わったわけではない」と強調した。

続きを読む

クリニカルトラスト、DOTインターナショナル株式会社と治験モニタリング業務で提携

株式会社クリニカルトラストは、この度DOTインターナショナル株式会社と下記の通り、治験モニタリング業務の提携をいたしましたのでお知らせいたします。

続きを読む

ツルハ、レデイ薬局買収

ドラッグストア大手のツルハホールディングスは、四国を中心に店舗展開するレデイ薬局の株式の51%を約52億円で取得し、今秋にも子会社にすると発表した。売上高は合計すると5千億円規模でマツモトキヨシホールディングスに並び、今年9月にCFSコーポレーションと統合して業界1位になるウエルシアホールディングスの合計5600億円にも迫る。

続きを読む

ヴィーブ、1日1回1錠の「トリーメク配合錠」を発売(外資)

ヴィーブヘルスケアは、抗HIV薬「トリーメク配合錠」を新発売した。 製造販売元はヴィーブ。情報提供活動はヴィーブと塩野義が共同で行う。流通・販売は既存のヴィーブ製品と同様、グラクソ・スミスクラインが行う。ヴィーブはグラクソ・スミスクラインとファイザーによって2009年11月に設立された抗HIV薬に特化した企業。塩野義は2012年10月に株主として参加した。

続きを読む

ジャパンワクチン、皮内投与型インフルワクチンを承認申請(内資)

ジャパンワクチンは、皮下投与より高い効果が得られる可能性がある皮内投与型の季節性インフルエンザワクチンを日本で承認申請したと発表した。

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。