MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 【4~6月期】あすか製薬、新会計基準適用で9.6%増収  「リフキシマ」や新薬も貢献 【1~6月期】英AZ、日本の売上高28%増収  オンコロジーが伸長 医薬品卸4社、3社が営業損益改善 4~6月期 【4~6月期】アルフレッサHDの医薬卸売事業、2.3%増収 【4~6月期】スズケンの医薬卸売事業、5.6%増収 【4~6月期】バイタルHDの医薬品卸売事業、0.7%増収

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 【4~6月期】旭化成の医薬・医療事業、1.0%の減収 【4~6月期】ツムラ、医療用製剤堅調で3.1%増収  営業益も14.7%増 【4~6月期】持田、11.1%減収 営業益26.7%減  新薬や後発品好調も長期品減で 【4~6月期】ゼリア新薬、医療用医薬品1.7%減収  「エントコート」や国内で「アサコール」苦戦 【4~6月期】帝人のヘルスケア、1.5%増収  「フェブリク」が貢献 【1~6月期】オンコリス、売上高約7倍に  テロメライシン効果で シスメックスの4~6月、純利益29%減 原価率が悪化

続きを読む

各社、業績発表

製薬大手の4~6月、9社のうち5社で最終損益が悪化 提携効果で明暗 【1~6月期】協和キリン、12.7%増収  国内外で新製品順調 【4~6月期】参天、国内微減も海外好調で4.7%増収 【4~6月期】小野薬品、医薬減も連結3.8%増収  「オプジーボ」のロイヤルティー貢献 【4~6月期】わかもと医薬事業、4.7%減収 【4~6月期】科研製薬、海外減少で連結7.5%減収 【4~6月期】東邦HDの医薬卸売事業、3.4%増収

続きを読む

各社、4-6月の業績発表

武田薬品、通期業績予想で赤字幅圧縮  「ベルケイド」のGE参入遅れで 【4~6月期】第一三共、10.4%増収 営業益も90.5%増  「オルメテック」特許切れ一段落  「リクシアナ」など牽引 【4~6月期】エーザイ、「レンビマ」が倍増  減収要因吸収で連結0.5%増収 【1~6月期】鳥居、抗HIV薬返還で32.3%減収  「ミティキュア」など好調、通期予想は上方修正 【4~6月期】日本ケミファ、2.8%減収  後発品の競争激化で 【4~6月期】日本化薬、医薬事業は3.3%増収  BSや抗がん剤GE堅調 【4~6月期】キョーリン製薬HD、2.5%増収 営業益19.3%増  国内主力製品が拡大 【4~6月期】メディパルHDの医薬卸売事業、0.9%増収  営業益は27.3%増 【4~6月期】日本調剤の医薬品製造販売事業、11.6%増収  営業益も大幅増

続きを読む

各社、4-6月の業績発表

【4~6月期】アステラス、1.5%増収 営業益21.3%増  「イクスタンジ」引き続き拡大 【4~6月期】ヤクルト本社、医薬品事業3.4%減収  「エルプラット」の後発品影響で 【4~6月期】キッセイ、9.8%減収 営業益も30.9%減  「ユリーフ」、後発品浸透で51.0%減 米メルク、純利益56%増 がん治療薬がけん引 4~6月期

続きを読む

各社、4-6月の業績発表

【4~6月期】田辺三菱、「ジレニア」仲裁手続きで6.9%減収  国内は9.1%増収 【4~6月期】大日本住友、売上高1.4%増  日本の減収を北米で補う 【4~6月期】塩野義、国内拡大も連結10.5%減収  マイルストーン受領の反動で 【4~6月期】大正製薬HD、医薬事業は10.0%減収  後発品影響で長期品減

続きを読む

【3月期通期集計】卸上位4社、軒並み営業益率1%達成。流通改善GLも要因に

医薬品卸上位4社の2019年3月期決算が出そろった。医薬品等卸売事業の営業利益率は全社が目安となる1%を上回り、4社平均では前期比0.20ポイント増の1.33%となった。各社のコスト抑制に向けた取り組みに加え、昨年4月に適用となった流通改善ガイドライン(GL)に基づく粘り強い価格交渉などが利益率改善につながったとみられる。

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 【3月期通期】わかもとの医薬事業、0.1%減収  営業損失は6億6900万円 【3月期通期】ロート製薬、6.9%増収  国内・アジアの伸び貢献 【3月期通期】メディパルHD、医療薬卸売事業は0.7%減  営業利益率1.07% 【3月期通期】アルフレッサHD、医療薬卸売事業は1.5%増収  営業益は14.1%増 【3月期通期】ほくたけHD、医薬品卸売事業は0.9%の増収

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 【3月期通期集計】製薬主要21社、5.0%増収  細る国内、次期もマイナス予想 武田薬品・20年3月期見通し 最終損益3830億円の赤字 業績プラスへの道筋つける 【1~3月期】大塚HD、医療関連売上高は10.5%増  グローバル3製品と国内新薬が貢献 【3月期通期】ヤクルト本社、医薬事業は営業赤字 後発薬2社、薬価下げで今期減益見通し 日医工は増益に 【3月期通期】東和薬品、近年追補品伸長で12.5%増収  中計目標1000億円を突破 【3月期通期】沢井製薬、9.7%増収 営業益も16.2%増  米事業寄与や国内主力品の数量増で

続きを読む

サイト内検索