MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 【4~6月期】武田薬品、主力品成長で0.4%増収  長期品売却で減収影響も 協和キリン・18年第2四半期 国内医薬9%減 長期収載品の減収響く 通期も同様に推移 【4~6月期】第一三共、5.6%減収 営業益25.7%減  オルメサルタンの減収響く 【4~6月期】キッセイ薬品、5.3%減収  研開費減で利益面は増 【4~6月期】日本化薬、医薬事業は5.9%減収 【4~6月期】日本ケミファ、薬価改定で原価率悪化  売上高2.2%減、営業益は26.3%減 【4~6月期】キョーリンHD、原価率上昇で大幅減益  売上高5.0%減、営業益54.6%減  米ファイザー26%増益 4~6月期、主力薬が好調 武田が買収のシャイアー、純利益90%増 1~6月 【4~6月期】メディパルHD、医療用卸売事業は0.9%増  妥結率は3.7ポイント減

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 鳥居・18年第2四半期 アレルゲン免疫療法薬、抗HIV薬好調で1.5%増収 通期予想引き上げも減収見通し 【4~6月期】田辺三菱 2.2%減収、営業益も8.3%減  国内医療用は10.4%減収 【4~6月期】塩野義、抗HIV薬と「ゾフルーザ」で18.0%増収  営業益も72.9%増  国内は減収

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 【4~6月期】アステラス2.0%増収、営業益は46.0%増  「イクスタンジ」など引き続き好調 【4~6月期】大日本住友0.2%減収、営業益は50.0%減  薬価改定や長期品が影響  北米事業は増収 【4~6月期】ヤクルト本社の医薬品事業、後発品侵食で15.6%減収 【1~6月期】米バイオジェン、10%増収  「スピンラザ」など貢献で 米メルクの4~6月期、抗がん薬販売が9割増 通期予想引き上げ 【10~6月期】シミックHD、CRO事業堅調で売上高7.6%増  営業益も37.4%増

続きを読む

製薬会社の社名の変遷-2018年度版-

社名は変更されませんでしたが、動きがあったので追加しました。 ※武田薬品とシャイアーは、合併が正式発表されていないため、今回は掲載しません。  富士フィルム、大正製薬、大正富山、富山化学に関しては、色々と発表されましたが、未来のことなので、今回は掲載しません。

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 エーザイ・17年度決算 国内0.9%増収、ヒュミラなど新薬好調 18年度はレンビマ急伸長 【3月期通期】わかもと、医薬事業は1.9%減収 【3月期通期集計】製薬上位10社、3.3%増収も次期は減収に  薬価制度改革響く国内 【3月期通期】沢井製薬、米買収企業の貢献で26.9%増収  国内市場鈍化の影響カバー 東和薬品・吉田社長 健康事業への参画に意欲 地域包括ケアシステムを支援 【3月期通期】ほくたけHD、医薬品卸売事業は0.1%の増収

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 武田薬品・17年度決算 国内医療用医薬品売上5014億円 プレベナーなど返還響く 18年度は減収見通し 【3月期通期】持田製薬は9.7%増収、営業益も2.5%増  「トラムセット」など新薬寄与 大正薬HDの今期、純利益75%増 富山化学株の売却で 【3月期通期】ロート製薬、11.1%増収  高付加価値品が好調 沢井製薬の前期純利益140億円 監査法人の助言に誤り 【3月期通期】東和薬品、10%増収も計画未達  研開費減で大幅増益 【3月期通期】日医工、米セージェント買収効果で10%増収  国内売り上げは微増 【3月期通期 集計】卸上位4社、改定2年目で異例の低水準  医薬品卸売事業、0.7%増収にとどまる

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 大日本住友 18年度国内医療用薬は8.0%減収見通し 売上高1300億円台に 収益力強化に着手 【3月期通期】明治HD、医薬4.2%増収  新薬・後発品ともに好調 【3月期通期】ゼリア新薬、純利益17.3%増  海外が堅調 【3月期通期】生化学工業は2%増収、営業益も10.9%増  米国向け販売が好調 【3月期通期】日本化薬、医薬事業は0.3%減収 【3月期通期】旭化成の医薬・医療1.3%増収、営業益15.2%増  薬価改定など影響も医療伸長 【3月期通期】あすか製薬、主力品成長で0.9%増収  カンデサルタンAGが牽引 【3月期通期】日本ケミファ、承継と受託で業績回復へ 【1~3月期】大塚HD、医療関連売上高は5.0%増  グローバル3製品が貢献 【3月期通期】アルフレッサHD、医薬品卸売事業1.8%増収  C肝薬の影響少なく

続きを読む

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 小野薬品・17年度決算 オプジーボの再算定で製品売上は3.9%減 18年度は0%予想 キョーリン製薬HD 18年度医療用薬売上は3.5%増収見込 点鼻薬ナゾネックス独占販売で 【10~3月期】富士製薬、3.7%増収   ホルモン剤の拡販寄与で 【3月期通期】ツムラ、売上高2.5%増  コスト低下で増益 【3月期通期】ヤクルト本社、医薬苦戦  営業益54.2%減 【3月期通期】そーせいGが赤字に、次期が底か 【3月期通期】扶桑薬品、主力落ち込み1.9%減収  原価率低下で増益確保 【3月期通期】バイタルHD、医薬品卸売事業売上高は2.8%減  C肝薬縮小で メディカルシステム、22年3月期に営業利益50億円

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。