MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

各社、業績発表

各社、業績を発表した。 第一三共・第2四半期 国内は増収確保も、海外は為替影響厳しく エーザイ・第2四半期 国内市場は伸長も、為替影響で減収 大正HD・第2四半期 売上高▲3.4%、販管費減少で増益は確保 塩野義・第2四半期 ロイヤリティ収入が35.2%増に拡大、予想を修正 日本ケミファ・第2四半期 導出分の後発品が2割減、品目見直しで 持田製薬・第2四半期 「ディナゲスト」「レクサプロ」好調 メディパル 低調の医薬品卸は業績下方修正、価格も計画下回り2割減益に みらかHD・第2四半期 売上高3.1%減、円高が影響 日本調剤・第2四半期 増収減益、薬価改定の影響を補い切れず クオール・第2四半期 保険薬局は27%減益、調剤報酬改定で

続きを読む

各社、業績発表

各社の業績が発表された。 武田薬品・第2四半期 減収増益、武田テバへの長期収載品移管も影響 アステラス・第2四半期 為替影響で減収増益、グローバル品は伸長 東和薬品・第2四半期 業績予想を下方修正 J-TEC・第2四半期 営業損失を2億円ほど圧縮 協和キリン・第3四半期 医薬は国内が1%増も海外減収 鳥居薬品・第3四半期 減収減益、リオナ錠など市場拡大再算定響く

続きを読む

製薬会社の社名の変遷-2016年版-

製薬会社の社名の変遷を、一覧としてまとめましたが、いくつかの製薬会社の社名が変更されましたので、2016年版として追加しました。

続きを読む

日薬連・木村理事長:薬剤費抑制「何が飛び出すかわからない」

日本製薬団体連合会の木村政之理事長は9日、保険薬価研究委員会の情報交換会で挨拶に立ち、社会保障関係費の抑制策の影響が、製薬業界に及ぶことに危機感を示した。

続きを読む

編集部・16年MR数調査:15年からMR数1000人減。減少傾向鮮明に、目立つ外資の減員

ミクス編集部が製薬企業を対象にした2016年MR数アンケートで、2015年と16年で比較可能な64社のMR数を見たところ、1134人減少していたことが明らかになった。14年から15年にかけては658人減であり、15年から16年にかけてMR数の減少傾向はより鮮明になった。16年調査で減少が目立つのは外資メーカーで、グローバル方針による組織最適化で営業組織も見直しとなり、その過程で起きた退職や異動などが減少の主因となっている。

続きを読む

各社、業績発表

各社の業績が発表された。 大正HD・3月期 SM事業が好調も、医薬事業のマイナスで減収 わかもと・3月期 インバウンド効果など寄与して増収 大幸薬品・3月期 減収減益、インフルエンザの流行遅れで メディパル・3月期 過去最高益に、「新中期ビジョン」策定に着手

続きを読む

各社、業績発表

各社の業績が発表された。 エーザイ・15年度業績 国内医薬品4.2%減収 16年度は増収計画、ヒュミラが製品売上トップに 持田製薬・3月期 5.8%増収、「レクサプロ」などが伸長 東和薬品・3月期 増収も、販管費嵩み営業利益は0.3%増 ロート製薬・3月期 増収増益、純利益は90億円で過去最高 ゼリア新薬・3月期 増収大幅増益も、売上計画には届かず ほく竹HD・3月期 C型肝炎薬と経費抑制効果で大幅増益 クオール 薬局事業の売上高2ケタ増、16年度は146店舗を出店

続きを読む

各社、業績発表

各社の業績が発表された。 第一三共・15年度業績 国内医療用薬は2.9%増収 16年度は抗凝固薬リクシアナに注力 日本新薬・今期予想 増収増益、マイルストンの期ズレも主力が伸長 科研・15年度業績 売上1000億円突破 外用爪白癬薬クレナフィン好調で 沢井・16年3月期 売上高1234億円、17.1%の増収 キョーリンHD・3月期 増収増益、主力品とライセンス収入が寄与 あすか・16年3月期 0.7%増収、カンデサルタンは90億円超え 日本ケミファ・3月期 1.4%増収、後発品売上高が9割超に ツムラ・3月期 医療用漢方製剤が堅調 ニプロ・16年3月期 12.8%増収、後発品ビジネスは1152億円に バイタルKSK 今期は減収減益に、C型肝炎薬が減少

続きを読む

各社、業績発表

各社の業績が発表された。 アステラス・15年度業績 国内売上横ばい 抗がん剤イクスタンジ、OAB治療薬ベタニス好調 小野・15年度業績 18%増収 16年度はオプジーボ1000億円増見込む 田辺三菱、営業利益は41.4%増  ロイヤルティー収入・一時金で増収 大日本住友、売上高4000億円突破  「ラツーダ」北米でブロックバスターに 塩野義・16年3月期 増収増益、ロイヤリティー収入が好調 参天・16年3月期 アイリーア好調、海外事業も追い風で20.7%増収 旭化成・3月期 医薬・医療事業は減収減益、「フリバス」後発品参入で キッセイ・3月期 増収増益、「ユリーフ」などが好調 日本化薬・16年3月期 医薬事業は売上高2.6%増に拡大 明治HD・3月期 増収増益、「リフレックス」や後発品などが貢献

続きを読む

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

【薬事】薬事統括部CMC企画部…


<改正薬事法の対応業務>・既承認申請品目の記載事項整備・海…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、