MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【特許庁】中外製薬が出願件数5位に‐抗体医薬の特許動向調査

【特許庁】中外製薬が出願件数5位に‐抗体医薬の特許動向調査 特許庁は、2014年度の特許出願技術動向調査報告書を発表した。抗体医薬に関する特許出願件数は、米国人による出願が約50%のシェアを占め、日本人の出願は約10%のシェアにとどまった。独立子会社を分けた出願件数ランキングでは、中外製薬が5、協和発酵キリンが9位と、日本からバイオに強い2社がトップ10入りした。技術的には、新規な抗体分子に関する出願比率が低く、二重特異性抗体、抗体医薬複合体等への取り組みが遅れていた。

中外製薬はともかく協和発酵キリンがこの位置にいることが驚きました。
協和発酵キリン、頑張っている感があります。 http://www.yakuji.co.jp/entry43685.html

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。