MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

フェブリク「AGも選択肢の一つ」。帝人ファーマ・渡辺社長

フェブリク「AGも選択肢の一つ」。帝人ファーマ・渡辺社長 4月に就任した帝人ファーマの渡辺一郎社長は日刊薬業の取材に応じ、2022年には国内市場での後発医薬品参入が見込まれる高尿酸血症・痛風治療剤「フェブリク」について、後継品の開発などを含め「ライフサイクルマネジメント(LCM)を適切に検討していく。オーソライズド・ジェネリック(の展開)も選択肢の一つ」と述べた。

フェブリクをAGとするとどこの企業が版権を入手するのか見ものです。 https://nk.jiho.jp/article/142742

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。