MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

アルフレッサファーマ:潰瘍性大腸炎の病態診断薬の承認取得、内視鏡検査減に期待(内資)

アルフレッサファーマ:潰瘍性大腸炎の病態診断薬の承認取得、内視鏡検査減に期待(内資) アルフレッサファーマは6月12日、潰瘍性大腸炎の病態把握に用いる体外診断用医薬品の承認を取得したと発表した。現在、病態把握のために定期的な大腸内視鏡検査が行われている。この診断薬により、従来よりも大腸内視鏡検査の回数を減らし、患者の身体的、経済的負担の軽減が期待できるとしている。

内視鏡を使わずに診断できるのは、医療機関・患者双方にメリットは大きいように感じます。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67645 https://nk.jiho.jp/article/142745

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。