MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

キザルチニブ、米国で承認に至らず。第一三共(内資)

キザルチニブ、米国で承認に至らず。第一三共(内資) 第一三共は24日、FLT3阻害剤キザルチニブについて、FLT3-ITD変異のある再発・難治性の急性骨髄性白血病(AML)を対象とした米国での承認申請において、米FDA(食品医薬品局)から審査完了報告通知を受領したと発表した。同通知は、現在の申請内容では承認に至らない場合にFDAが発行する。同社は、同通知の内容を精査した上で、今後の対応を検討する。

日本では、承認を得ているのに、アメリカでは承認されませんでした。
今後どう動くのか見ものです。 https://nk.jiho.jp/article/143093

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。