MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

国内爪白癬治療薬市場:25年に500億円台に。17年から倍増、富士経済調べ

国内爪白癬治療薬市場:25年に500億円台に。17年から倍増、富士経済調べ 富士経済はこのほど、日本の爪白癬治療薬市場が2025年に500億円を超えるとの市場予測をまとめた。同市場の規模は17年に270億円だったことから、25年には17年比でほぼ倍増することになる。14年9月に国内初の爪白癬を適応とする外用薬クレナフィンが発売されたことを皮切りに、新薬の登場が相次いでいる。この市場環境を背景に今後、毎年1ケタ台後半の成長率で推移し、26年には543億円になると予測している。

倍増とはいえ、500億円の市場ということで、ニッチな開発が増えている感が強いです。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67768

サイト内検索