MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

B型肝炎、「HBs抗原の消失」が焦点。核酸アナログに代わる薬剤開発進む

B型肝炎、「HBs抗原の消失」が焦点。核酸アナログに代わる薬剤開発進む インターフェロンを必要としない経口直接作用型抗ウイルス薬の登場でC型肝炎はほぼコントロール可能になった一方で、B型肝炎は、核酸アナログ型逆転写酵素阻害薬でウイルス増殖をある程度は抑えられるものの、ウイルス学的治癒といわれる「HBs抗原の陰性化・消失」はいまだ困難な状況だ。B型肝炎の感染者は膨大な数にのぼる。感染率の減少に向け、さらに肝硬変や発がん抑制に向けて、HBs抗原の消失をターゲットとした新薬開発が活発化している。

肝炎はB型に移ってきているようです。 https://nk.jiho.jp/article/143480

サイト内検索