MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【12~5月期】イワキの医薬・FC事業、13.4%増収。主力外皮用剤や一部原料が好調(内資)

【12~5月期】イワキの医薬・FC事業、13.4%増収。主力外皮用剤や一部原料が好調(内資) イワキが11日に発表した2018年12月~19年5月期連結決算によると、医薬・FC事業の売上高は120億2900万円(前年同期比13.4%増)だった。主力の外皮用剤全般が好調で、特に副腎皮質ホルモン剤など主力品の売り上げが伸長した。

中国産原料の入手が厳しくなったようですが、代替原料の提案を素早く行ったことが、堅調に推移したようです。
複数の手段を持つ重要性が垣間見られます。 https://nk.jiho.jp/article/143549

サイト内検索