MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

血中マイクロRNAに着目で食道がんを早期から検出可能に。国がんなど診断モデル作成

血中マイクロRNAに着目で食道がんを早期から検出可能に。国がんなど診断モデル作成 国立がん研究センターなどで構成される研究チームは7月11日、血液から高い精度で食道がんを検出できる診断モデルの作成に成功したと発表した。研究グループは、国立がん研究センターバイオバンクなどにより集積された血液検体を活用し、過去最多となる約5500例の血清中のマイクロRNAを網羅的に解析。食道がんで有意に変化する複数のマイクロRNAを同定に成功した。このうち、6種類を組み合わせて作成した診断モデルを活用すると、食道がんが早期から高い精度で検出することが確認できたとしている。

かなり高い精度なので、確立できれば、早期発見・治療に道が開けると思います。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67794

サイト内検索