MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

膵がんの診療GL、化学療法の進歩反映。3年ぶり改訂。FOLFIRINOXを1次推奨

膵がんの診療GL、化学療法の進歩反映。3年ぶり改訂。FOLFIRINOXを1次推奨 日本膵臓学会は18日までに、3年ぶりの改訂となる「膵癌診療ガイドライン2019」を発刊した。切除不能膵がんに対する化学療法では、局所進行と遠隔転移を伴う膵がんで▽先進医療Bとして実施されているFOLFIRINOX療法▽ゲムシタビン(GEM)とナブ-パクリタキセル(nab-PTX)の併用療法─を1次治療として推奨するなど、化学療法の進歩を反映させたことが特徴だ。膵がんのゲノム医療をガイドライン(GL)に取り込んでいく必要性も提言している。

FOLFIRINOX療法に使われる薬剤は1次推奨となったので売れ行きが上がるように思えます。 https://nk.jiho.jp/article/143646

サイト内検索