MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

政府が2020年度予算概算要求基準を閣議了解。社会保障費は自然増5300億円の範囲内

政府が2020年度予算概算要求基準を閣議了解。社会保障費は自然増5300億円の範囲内 政府は7月31日の臨時閣議で、2020年度予算の概算要求基準を了承した。年金・医療などの社会保障関係費は、19年度当初予算額(32兆5000億円)から、高齢化に伴う自然増として5300億円を加算した範囲内で要求することを認める。厚労省など各省庁は8月末までに概算要求を財務省に提出する。概算要求基準が固まったことで、20年4月の薬価・診療報酬改定の議論も今秋以降本格化する。政府は年末の予算編成に向け、「手を緩めることなく、本格的な歳出改革に取り組む」との基本方針を示した。歳出抑制への圧力が強まることも想定されるなか、製薬業界に影響する薬価制度改革や薬剤給付の見直しなどが熱を帯びることは必至だ。

今までの改革で薬価ばかり下げる方向にあったので、2020年は、薬以外の施策に動くと厚労省は言い切っています。どこまで反映されるか見ものです。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67905 https://nk.jiho.jp/article/143949

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。