MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

ポリファーマシー改善に取り組む薬局は2割。多職種との情報共有に課題。NPhA調査

ポリファーマシー改善に取り組む薬局は2割。多職種との情報共有に課題。NPhA調査 ポリファーマシー(多剤併用)の改善に向けて介入している薬剤師は2割―。日本保険薬局協会(NPhA)の薬局・薬剤師機能拡大委員会は8月26日、会員各社の管理薬剤師約3000人を対象にオンラインで実施した調査結果を公表した。改正医薬品医療機器等法(薬機法)で義務に位置付けられる服用期間を通じた服薬状況の把握や指導については約半数の薬局で取り組んでいた。しかし、在宅医療や入退院時の、他医療機関との連携について、「実施していない」との回答が4割超でトップとなり、課題も浮かびあがった。地域包括ケアシステムのなかで、地域の医薬品情報を担うことが薬剤師に期待されるなかで、薬剤師が地域へ一歩踏み出すことが必要と言えそうだ。

複数の医療機関にかかっている方も多いと思うので、お薬手帳を読み取る力は薬剤師に必要だと思います。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67962

サイト内検索