MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

厚労省:添付文書改訂を指示。イベニティ、1年以内の心血管系事象既往患者への投与回避を

厚労省:添付文書改訂を指示。イベニティ、1年以内の心血管系事象既往患者への投与回避を 厚生労働省医薬・生活衛生局は9月6日、新たな重大な副作用などが判明した医療用医薬品の添付文書を改訂するよう、日本製薬団体連合会に医薬安全対策課長通知で指示した。

添付文書の改訂指示があった医薬品は次の通り。

・ロモソズマブ(遺伝子組換え)
指示概要:
「警告」に、骨折抑制のベネフィットと心血管系事象の発現リスクを十分に理解した上で、適用患者を選択する旨を追記。
「効能・効果に関連する使用上の注意」に、本剤の適用患者を選択するための情報を追記。
「重要な基本的注意」に、過去1年以内に心血管系事象の既往のある患者への投与を避ける旨を追記。

・トレラグリプチンコハク酸塩(ザファテック錠)
指示概要:高度腎機能障害患者及び末期腎不全患者では投与量を25 mgに減量することが必要である旨、投与中は患者の状態を慎重に観察する旨を注意喚起したうえで、「禁忌」の項から、「高度の腎機能障害患者又は透析中の末期腎不全患者」を削除する。

今回は、数も少なく、それほど売れ筋という製品ではないので、改定の案内も少なくて済む気がします。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68025 https://nk.jiho.jp/article/144784

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。