MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

大日本住友製薬:ポスト・ラツーダでRoivant社と戦略的提携で合意。取引対価約3200億円(内資)

大日本住友製薬:ポスト・ラツーダでRoivant社と戦略的提携で合意。取引対価約3200億円(内資) 大日本住友製薬の野村博社長(写真左)は9月6日、東京都内で記者会見に臨み、Roivant Sciences(本社・英国ロンドン、スイス バーゼル)と戦略的提携に関する基本合意書を締結したと発表した。基本合意ではRoivant社の子会社5社の株式取得、別の子会社6社の株式取得オプションなどが含まれる。このほか医薬関連プラットフォームをデータ技術人材とともに獲得する。これにより大日本住友製薬は2022年度までに承認が期待され、ポスト・ラツーダとして期待できる開発品を複数得ることになる。さらにR&Dの生産性向上やデジタルトランスフォーメーションの加速にも寄与することになり、中長期的な成長を目指す方針だ。
サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。