MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

地域医療で製薬企業に期待すること:若手医師は“地域情報”、50代以上は“教育・連携機会”

地域医療で製薬企業に期待すること:若手医師は“地域情報”、50代以上は“教育・連携機会” ヘルスケア領域の市場調査などを手掛けるインテージヘルスケアがこのほど、医師1万6000人が選ぶ「地域医療に貢献している製薬企業ランキング」をまとめ、武田薬品がトップとなった。トップ3は前年調査と同様、武田薬品が1位だったほか、2位が第一三共、3位が大塚製薬となった。地域医療について製薬企業に期待することは、医師の年代によって期待することが異なることも判明。若手医師は地域における他施設の動向や患者の情報を、50代以上の医師は医療者向け勉強会や医師会などとタイアップした研究会など“教育・連携の機会”を求める傾向がみられた。

なんだか医師会の仕事に近い気がします。
最近若手のDrが医師会に入らないことも多いようなので、地域情報などにニーズがあるのかもしれません。(ただ、地域情報だと、卸の方が情報を持っているような気がします。) https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68032

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。